日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011年 03月 08日 ( 1 )

ケビン・メア氏の発言

前原外相が外国人からの献金を受けていたことを野党から追及されて辞任に追い込まれた。そのニュースバリューを減殺するかのごとくアメリカから格好のニュースが飛び込んできた。このタイミングはどうみても援護射撃とられても仕方ないだろう。

アメリカ国務省のケビン・メア日本部長が米国大学生対象の講義で、沖縄県民について「ごまかし(manipulation)とゆすり(distortion)の名人」と発言したと報道された。これが事実とすれば沖縄県民にとってだけでなく日本国民に対しても大変な侮蔑発言だ。

しかしながらこの報道をよくチェックしてみると、ケビン・メア氏の講義を聞いた学生のレポートをもとにした報道のようだ。メア氏はそのような趣旨のことは述べていないと言っている。

日本のマスメディアは、そのあたりの裏付けを取ったのだろうか。例えば録音でチェックしたとか。単に学生のレポートをもとに記事にし、報道しているとするなら単にセンセーショナルなニュースに仕立てようとしていると疑われても反論できないだろう。日本のマスコミのヒステリック現象というか馬鹿さ加減を暴露したと言えるだろう。

昨年の12月の講義なのになぜ今ごろ学生のレポートなのだろうか?メア氏は学生のレポートの方が間違っていると言えば全く傷を負うことはないだろう。単なる学生のレポートなのだから。日本のマスコミの過剰反応ではないか。

本当に信頼置けるニュースを流そうとマスコミが考えているのなら、むしろメア氏を招聘して沖縄問題についてきちんと話をしてもらえばいいのではないか。そっちの方がむしろ日本政府が沖縄に対してどのような裏工作をしているのか明らかになるかもしれない。火のないところには煙は立たぬ、というのでそれに近い主旨のことを言ったのだろうと推測はできるが、言葉はすべからく文脈である。断片的な言葉尻をつかまえて云々するのではなく、マスコミならばそこら辺りをきちんとすべきだろう。

鹿児島選出の衆議院議員であった故山中貞則氏は沖縄について、「本土の日本人は足を向けて寝られない」とまでかつて述べたことがあった。アメリカとの密約などの裏を知り抜いて、沖縄県民の痛みを己が痛みと感じているからこその発言だろう。基本的には僕も沖縄に関しては山中氏と同じだ。

そうだからこそ、このタイミングで降ってわいたように出てきた、学生のレポートをもとにしてしかも断片的な言葉からマスコミが大騒ぎするのはどうかしているのではないだろうか。こんなことで民主党のスキャンダルが騒がれなくていつのまにか忘れ去られてしまうと考えていたらそれこそ国民を愚弄していないだろうか。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-03-08 22:13 | 政治/経済