カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

川涯利雄エッセー集

短歌の指導を頂いている川涯利雄先生が、最近二冊の本を上梓された。
「川涯利雄エッセー集」と歌集「エロイカを聞く夜に」

エッセー集は、短歌結社「華」の主宰者で歌誌「華」の編集長を80号(現在103号夏号まで既刊)までされていた先生が書かれたあとがきを再編集したものである。ちょっとお手伝いさせていただいた関係でとても感慨深いものがある。

副題が「フィンランディア―感謝と祷り」
華が創刊するきっかけになる城山ホテルでの松山先生の昏倒から始まり、シベリウスのフィンランディアが響き渡る中、川涯先生ご夫妻が乗った飛行機がシアトル空港に着陸するところへと、息つく暇もないようなスリリングな展開であっという間に358ページを通読してしまう。

歌集「エロイカを聞く夜に」は先生の第一歌集だが、今回文庫版での出版である。
こちらも涙なしには読めない必読の歌集である。華の歌会に参加するようになってすぐに読ませてもらった歌集であるが、短歌のとりこになってしまった歌集でもある。
a0158075_1774396.jpg

トラックバックURL : https://scienglish.exblog.jp/tb/22976241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by h82261765 at 2016-07-09 15:00
郷土の雑誌「形象」で紹介されていましたね。おめでとうございます。
Commented by attainmentofall8 at 2016-07-09 20:43
清展さん、すんくじらまでよく新聞を見ていらっしゃいますね~。(笑) 大した句じゃないのに載ってしまいました。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by attainmentofall8 | 2016-07-08 17:08 | 俳句/短歌/川柳 | Trackback | Comments(2)