人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

色彩を持たない多崎つくると、…

先日知人から戴いた村上春樹著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を、二晩かかって読み終えた。昼間読めないので夜九時過ぎからの読書を考えると一気に読めた方かもしれない。村上春樹の小説に魅了されたともいえる。

わかりにくいタイトルだが、英文のタイトルを読むとすっきりする。Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage 「つくる」と名前が平仮名表記なのでわかりづらいのだろう。多崎作は主人公の名前である。-

あらすじはざっとこんなものである。多崎つくるは、高校時代に仲良し5人グループに所属していた。つくるは東京の大学に、他の4人は地元の大学に進学する。大学二年のとき突然に理由もなく疎外されてしまう。そのトラウマを引きずったままつくるは、東京で駅舎をつくる技術者として会社勤めを続けている。36歳のときガールフレンドに疎外の理由を明らかにするように言われ、昔の仲間を訪ねてまわる。

村上小説特有の、北欧がでてきたり音楽や酒に関して薀蓄の深さを示す場面がでてくるが、今回は、高校時代の同級生がレクサスのセールスマンをしている設定で車描写が細かい。

「個性」とは何か?「人間」とは何か?といったような根源的なところをテーマにした小説である。読みながら、年齢退行療法や小野田寛郎氏のことなどを思い出した。

年齢退行療法は、幼児期あるいはトラウマをかかえた時点に遡って追体験したり、大人の知恵で乗り切ってしまうという療法である。強迫観念的に取りついている言葉を払しょくしたり、幼児期に成し得なかった体験を、体験し直すことで人間関係の修復や自信回復をめざす心理療法である。

小野田寛郎は、日本軍の元兵士で太平洋戦争終結から29年目にフィリピンルバング島から帰還した人である。彼は終戦を知らず密林の中に潜伏し続け、上司の谷口義美元少佐から任務解除・帰国命令を受け、やっと武装解除して投降した。情報将校であった小野田氏がスパイとして洗脳されていた(任務に忠実だったというべきか)ことはよく知られている。人間の「心」が、このような極限まで追い詰めるものかと驚かされる。

小説中の多崎は、おそらくは個性的魅力的な人物なのだろうが、5人仲間の中で唯一色が入っていない名前をもつ自分を「色彩を持たない=個性のない」人間として、知らず知らず自己暗示をかけてしまう。人間関係もうまく築けず、自信のない悩める青年として成長していく。最後には、謎解きのような巡礼の果てにフィンランドまで同級生の女の子を訪ねて行き、そこで暗示を解いてもらうことになるのである。

トラックバックURL : https://scienglish.exblog.jp/tb/18224466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ringo-utahime at 2013-07-30 12:01
面白そうな小説ですね。読んでみたいな。
それにしても、最近の小説の題の付け方が大嫌い。長いし説明的な題で、まったく文学性が感じられない。この本だって、たとえば「巡礼」程度の題にして欲しい。
その点、太宰治は本の題の付け方にセンスがあった。
今は、出版社が、本の中身が判るような題を付けたがるらしい。「売らんかな」の商法なんだろうけど‥‥嘆かわしいわ。
(*_*;
Commented by attainmentofall8 at 2013-07-30 12:06
りんごちゃん…同感です。実はすぐに買わなかったのは出版社の「売らんかな」のタイトルのつけ方が気に入らなかったのです。「世界の中心で愛を叫ぶ」あたりなどからかな~。
でもさすがに村上春樹の小説は読みごたえがあります。多少、虚構性がみえみえの部分がなくはないけど…
Commented by りんご詩姫 at 2013-07-30 12:36 x
やっぱり修ちゃんも私と同じ意見なんだね。
題が長くて説明的でセンスがないと、本の中身も薄っぺらでつまらないものにしか思えない。本の帯で、少し解説する程度にして欲しいわ。
(@_@)
Commented by 太陽の陽子さん at 2013-07-31 22:27 x
先生、お疲れ様。
本が大好きなんですね。。。って今更だけど。
今日は日中なんだかんだと、パソコンの前に居たのですが、
夕方急に子ども会の七夕飾りを近くの駐在所にすることになって、竹を取りに行って飾り付けて、駐在所の街灯に括り付けてきました。
竹取の「おうな」でした。道路わきの適当な竹を引っ張って、のこぎりで切って、下枝を植木ばさみで切り落とし、愛車エスティマのトランクから突っ込んで、助手席の窓から下の方を外に出して運びました。後ろは開けたままで・・・。もちろん独りで。
飾り付けはもう一人のお母さんと・・・たった二人で(@_@)
子ども無しの子ども会・・・(+o+)・・・

その後は、今度建設される「温泉センター」の意見交換会みたいなの。パワーポイントで説明があるだけで、手元の資料は無し。「案」があちこちに漏えいするのを防ぐためだって・・・
なんか話半分も判らなかったよ。
Commented by 校長 at 2013-08-01 00:39 x
子供なしの子ども会作業、わかるなあ!私も小学校のPTA副会長をさせられたとき(自ら手を揚げたのではない)いろいろさせられました。でもやってよかったと今では思っています。
子供たちと接する時間は人生の中では僅かな時間ですよね
部活の保護者会の会長もしましたが、コレも忙しいだけでしたが、子どもたちと触れ合ったことは、宝だと思っています。
陽子さん頑張ってください。
Commented by りんご詩姫 at 2013-08-01 02:08 x
紅雀さん、お疲れ様です。
子ども会の仕事かあ‥‥私には逆立ちしてもできない苦労だね。
子どもを生んでない、育てた経験もない‥‥ので『最初からピースの足りないジグソーパズルのような人間だ』と人から言われることもあるので、それが哀しかったりもするし、時々ひっそりと落ち込みもします。
(+_;)
Commented by marin at 2013-08-01 07:27 x
子育てをしていないと「最初からピースの足りないジグゾーパズル」だなんて ずいぶんひどいセリフだね。
その人、ハートのピースが欠けてるね。

りんごちゃんは子育ての経験はないけど、他人のお世話や
指導や癒しなど、年上の私が関心するくらいよく気づくし、動くよね。それも単発ではなく、ず~~~~っと継続で・・・・

子どもがいたからって幸せとは限らないし、生まれてきた子どもも、環境によっては不幸だし、何がよくて何が悪いのか、一言ではくくれないよ。私たちの人生設計は、生まれた時から入力されていると思えば、嬉しいことも悲しいことも納得できるよ。
りんごちゃんはりんごちゃん。心の決めたままで、自然体でいいよ。それがあなたの魅力だよ。
ね、陽子たん!
Commented by 太陽の陽子さん at 2013-08-01 07:56 x
うん、そうだそうだ!!
私なんて、結婚してから全く働いていないけど…(^_^;)…
りんごちゃんは、細腕一本でお母さんまで支えているんだから、すごいよ。
それに、本当にりんごちゃんの気配りには頭が下がります。
つばさの散策だって、「愛」がないと書けないよ。本物の愛がね。
りんごちゃんは強くて優しい人だと思う。
ね、先生!
Commented by 太陽の陽子さん at 2013-08-01 08:04 x
この絵本は、ある日、突然、体がピンクになってしまった、ペンギンのパトリックが主人公です。

 学校ではみんなにからかわれ、「もう、ここじゃ生きていけない」と落ち込んでしまいます。

 私たちの世界でも、他人(ひと)と違っている、というだけで、からかわれたり、いじめられたりすることがあります。
 自分と違っているもの、異質なものを見ると、ついつい攻撃したり、排除したりしたくなる心理があるのでしょう。
 しかし、ひとと違っているのは、果たして、そんなに悪いことなのでしょうか。

 もしここで治す方法が見つかって、パトリックが元の色に戻れたとすれば、それはそれでハッピーエンドといえるかもしれません。
 ところがお医者さんは、パトリックの色を、元に戻すことはできませんでした。

 しかし、物語はそこから、新たな展開を始めます。
 パトリックは、自分と同じ色の仲間を求めて、南極から、遠いアフリカへ旅をするのです。
 ところがアフリカにいるフラミンゴは、体の色は一緒でも、暮らし方は全く違うことに気づきます。
 そして、色が同じとか、違うとかいうことは、実はそんなに大きな問題ではないことに気づきます。

Commented by 太陽の陽子さん at 2013-08-01 08:08 x
帰ったパトリックは、遠い旅の経験を、友達に話をして聞かせます。また、家族や友達が、自分の帰りを待っていてくれたことを知ります。

 ここで重要なのは、パトリックが元の色に戻ったから、みんなに受け入れられたのではない、ということです。
 パトリックの体は、ピンクのまま。
 しかしそのままで、みんなは彼が帰ってきたことを喜び、その話に目を輝かせて聞き入ります。

 みんなも、体の色が同じとか、違うとかとは、別の価値に気づいたのです。

 大切なことは体の色や外見ではない。
 一人の人間として(ペンギンとして!)、尊重されること(これを自己肯定感といいます)こそが大切であることを、このパトリックの物語は、教えてくれているのだと思います。


 
Commented by 太陽の陽子さん at 2013-08-01 08:08 x
私たちの世界にも、いろいろな違いがあります。しかし、その違いがあるからこそ、さまざまな価値に気づくことができます。
 違いこそが、私たちが新たな世界に踏み出し、新たな価値に気づく、きっかけといえるでしょう。
 それを、違っているからといって非難し、排除しようとするなら、それは、結局、自分の世界を狭めてしまうことになるのではないでしょうか。

 最後にパトリックも言っています。

「みんなとちがうのも、そんなにわるくはありません」


明橋大二先生の「親子でほっとする子育て教室」より
Commented by attainmentofall8 at 2013-08-01 08:12
陽子ちゃん、きのうはたいへんな一日でしたね。いろいろなことをやっているんですね~びっくり。
パトリックの話…そうですよね。
Commented by 太陽の陽子さん at 2013-08-01 08:26 x
先生、おはようございます!
今日は国文祭の話し合い、よろしくお願いいたします。
私はその後、鹿児島市民文化ホールでのライダー君の最後の吹奏楽コンクールの応援に行きたいのですが、間に合うかな?1時過ぎが出番・・・(@_@;)・・・
Commented by りんご詩姫 at 2013-08-01 10:47 x
陽子たん、修ちゃん、まりんちゃん、
みんな、今日も忙しいみたいだね。頑張って。
私も忙しい。雑用に追われています。
暑さに負けず、頑張りましょう!!
!(^^)!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by attainmentofall8 | 2013-07-30 11:49 | 読書 | Trackback | Comments(14)