日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

教育

教育再生という月刊誌のバックナンバーを自然食の講師をされている方から頂いた。その中に、小野田寛郎氏と東城百合子氏の対談が掲載されている。ルパング島で30年生きぬいたあの小野田さんである。今はブラジルと日本を往復して青少年の健全育成のために努めておられるらしい。東城氏は栄養士であるが「あなたと健康」という情報誌の主幹をされている。

小野田氏は、子供の躾は食事のときするのがいいという。つまり子供が本能をむき出しにするのは食事の時なので、マナーをとおして本能をコントロールすることを覚えさせるということだ。

東城氏は、日本に復活してほしいのは、お天道様が家庭に生きること、家庭で光ってくれることだという。その基本は食。お天道様とは太陽というよりは、もっと大きな自然、目に見えないありがたい存在という意味らしい。目というのは心の目のことで、これを失ったら感謝の気持ちを忘れる。お天道様に感謝することが人間関係にも自分の運命にも大きな力になって働く、と言う。

両氏の言葉、示唆深い含蓄のある言葉である。

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-11-29 23:40 | 読書