人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

食べたくても食べられない??

きょうは計画停電が12時20分から3時半くらいまであった。
ちょうど生徒を連れてラーメン屋に入った直後に停電になり、暗い中でラーメンをすすることになった。闇鍋気分で食べた。しかし被災地の人たちの暮らしに比べればまだまだ幸せである。

そのラーメン屋には、野菜の入荷がままならずいつもの野菜大盛り無料がなくなりましたと張り紙がある。放射能汚染で出荷できないというから当然だろう。福島だけでなく近県の茨城・千葉・宮城・群馬などの一部地域の野菜・果物・乳製品が売れないという。被災地の復興の助けになるように進んで産地の農産品を買ってあげられないのが残念だ。

最近スーパーで青森産のリンゴが山積みになって売られているのを見て、風評被害をおそれて早出しをしているのかなと思った。実際放射能の影響がほとんどない地域の農産品でも、東北とひとくくりされれば売れなくなるのは目に見えている。

もちろん農産品だけでなく魚介類も汚染されているだろう。関東以西のものを消費するしかないのか。新聞の論調をみていると、「理性をもって正しく怖がる」などと出ているがどの情報を信じていいのかわからないのが問題なのだ。

テレビなどの情報とネット上の情報では危機感が全く違う。海外の論調はほぼネット情報に同じだが日本ののんきさにちょっと呆れているようなところもある。日本の専門家たちは即健康被害になるレベルではないと言って沈静化を図っているような口ぶりだが、即であって長期的な健康被害を否定してはいない。特に乳幼児への長期的な被害は隠しているとしか思えない。
トラックバックURL : https://scienglish.exblog.jp/tb/12310479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by attainmentofall8 | 2011-03-22 20:53 | 災害・原発 | Trackback | Comments(0)