日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

再度ケビン・メア発言について

米国務省のケビン・メア日本部長(前在沖米総領事)がついに更迭された。
昨年12月、国務省内で米大学生に行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言してとされる問題の責任をとったかたちだ。

キャンベル米国務次官補は「深く遺憾の意を表する。深くお詫びする」と松本外相との会談で述べたそうである。

日本のマスコミは、誹謗発言をしたメア氏を辞任に追い込めて満足しているのだろうが、それだけがマスコミの果たす役割だろうか。学生のほぼ全員が発言に間違いないと言っているようなので、事実は事実なのだろう。それならば、なおさらメア氏に直接真意を訊くべきではないか。

発言通りだとしたら、これまでの経緯のどの部分が「ゆすり」「ごまかし」にあたるのか徹底的に追求してみればいいと思うのだが…。彼が認識する、沖縄に関する日米交渉、日本政府と沖縄県との交渉の裏面史とでもいうものを披歴してもらえばよかったのだ。こんな発言をすること自体が意見を聞くに値しないと抹殺してしまうのだろうか。日本の省庁でいえば、部長というのは課長級らしいので下っ端の妄言で葬り去ってしまえと言うことなのか。

あとは週刊誌にでも追及してもらわないと何もできないところが日本の新聞・テレビの限界のようだ。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-03-10 22:24 | 政治/経済