日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新聞記事

先日11日開催された国文祭プレ川柳大会の表彰式の記念写真が、南日本新聞に掲載された。
ジュニアの部と一般の部と分けて行われたのだが、今回の貴重な一枚はジュニアの部。

a0158075_8281922.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-19 08:28 | 俳句/短歌/川柳

第4回夢修庵コンサート

これまで自宅の古民家で開催していた「歌って笑って夢修庵コンサート」を、もっと多くの地元の方々にきいていただきたいと常々考えていたが、今回高来地区コミュニティセンターで、しかもコミュニティ協議会の後援という形で開催させていただくことになった。

協議会の会長さんはじめ地元の皆様のご理解とご協力の賜物と感謝したい。
初めは小さくても、公共の施設で行うことで輪が広がっていくことを望みたい。第一回目としては種まきができたかなと思う。地元の女性コーラスの方々も出演してくださり盛り上げていただいた。

終ってからは、自宅で打ち上げパーティー。出演者や協議会の会長さんはじめ地元の方々や、コーラスの先生がたも来てくださり話に花が咲いた。みなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

a0158075_19523288.jpg
a0158075_19524489.jpg
a0158075_19525516.jpg
a0158075_1953820.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-18 19:53 | 音楽、コンサート
今日は、第30回国民文化祭かごしま2015 プレななつ星川柳大会だった。
主催者側スタッフの一人として手伝わせてもらった。

初めての大会なので不手際もあったが、おおむね無難に終えることができたと思う。大会を縁の下で支えてくださった方々や、なにより遠方から参加いただいた柳友のお蔭である。

大会終了後の懇親会も大いにはずみ、各地の柳友の方々と親睦を深めることができた。
ありがとうございました。

今大会の反省を踏まえて、来年11月1日の本番国文祭かごしま川柳大会を成功させたい。


大会特選句  名前は正確さを期すために後日追加します。間違いがあるかもしれませんのでご了解ください。上段が高校生・一般の句、下段がジュニア句

薩摩川内市長賞
散骨もいいなと思う春の空
信じるよ私はここで終わらない

薩摩川内市議会市長賞
人間を掻き回してる黒い舌
ケンカして私の心ふるえてる

薩摩川内教育委員会教育長賞
橋のない川が今でもあるらしい 
ラッパ吹くあふれる未来まってろよ

薩摩川内市文化協会長賞
薔薇色の灰になるまで恋をする
しんじてるいつかわたしもおよめさん

鹿児島県川柳協会長賞
正論を押せば踏み絵が置いてある
ぶるぶるはかなしい気持ちさむいとき

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-12 09:13 | イベント・お祭り

クレマチス

八重のクレマチス。

a0158075_15111128.jpg


牛のえさづくり
a0158075_15112643.jpg
a0158075_15114169.jpg
a0158075_1511534.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-09 15:12 | 今日の一日

知覧の旅

福永耕二顕彰会のメンバーとして、第16回南九州かわなべ青の俳句大会第一回実行委員会に参加させてもらった。市長や教育長などの要職者が一堂に会した一大イベントの打ち合わせ会である。いまでは、全国の小・中・高校生から10万句以上が集まるという大きな俳句大会になっている。

第一回の特選句は、今ホリプロのタレントで活躍中の宮下純一さんの、「声援がしぶきに濡れて泳ぎきる」である。南九州市は、知覧町、川辺町、頴娃町が合併してできた市で、庁舎は旧知覧町役場である。

川辺の岩屋公園をはじめて訪ねてみたが、山奥の地形を生かしてよくこんな施設を作ったものだと感心した。キャンプ場になっているので、プールやウォーターストリームやそうめん流し場などがある。おみやげ屋を兼ねた喫茶店もあるが、そのそばの池に大きなウシガエルがいて、コーヒーを飲む横で大音量で泣いているのには驚いた。

その公園の一角に、福永耕二の句碑ができている。「風と競ふ 帰郷の心 青稲田」

知覧は、ちんねんさんの地元なので、自宅に一泊させてもらった。奥さんの手料理を肴に久しぶりにおいしい酒を飲むことができた。なかでも奥さんの手作りの焼き芋は、最高だった。今ごろ焼き芋が食べられることも珍しいが、焼き方が巧みの技で、皮ごと食べても甘くて実においしい。紅はるかということだった。安納ほどべちょべちょしていなくてしかもしっとり柔らかくてあま~い。

茶畑を一望できる高台に案内してもらった。開聞岳も目の前にみえる絶景スポットである。一番茶の収穫も終わって、知覧平野は、きれいに刈り込みされた茶園と黒のマルチをはったサツマイモ畑が幾何学模様をなしていくら眺めていても見飽きない。
a0158075_11585639.jpg
a0158075_11592427.jpg
a0158075_11593671.jpg
a0158075_11595858.jpg
a0158075_1202748.jpg
a0158075_1204167.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-08 12:00 | 今日の一日
国文祭プレ川柳大会5月11日

国文祭プレ川柳大会にあわせて、オープン参加の川柳 コンテストを行ないます。
たくさんの賞品がありますので 奮ってご応募ください。(選は大会事務局)

「来る」「入る」各題一句ずつ。一題だけでも構いません。 

午後1時までに入来小学校体育館内投句箱に入れてください。 
投句用紙は、会場にあります。また、事前に以下に備え置いてあります。中央図書館、FMさつませんだい、入来図書館、副田コミセン、清色コミセン、珈琲茶房もんじょ。     

発表するときに本人不在の場合は無効となります。ご了承ください。念のため作品の控えをお持ちください。

発表は午後3時50分からの予定ですが、進行状況により変更されることもありますのでご注意ください。
できたらそのまま会場に残って、川柳大会をお楽しみください。川柳は話し言葉を5・7・5に並べて、「こころ」を入れて作ります。どなたでも参加できます。
     

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-05 11:58 | 俳句/短歌/川柳

阿久根駅新駅舎オープン

肥薩オレンジ鉄道の阿久根駅が改修工事を終えてオープンした。
有名工業デザイナーによる設計ということで、駅舎内に入るとこれまでの駅舎のイメージとはちょっと違ったコンセプトで作られたことがわかる。図書館(本棚のような)、キッズルーム、喫茶店(セルフの)、レストラン(今日は千円のカレーだけの販売)、物産店、待合所。
一億円以上かけているそうだ。さすが阿久根!

オレンジ鉄道自体の存続も危ぶまれている状況で、思い切った決断をしたものだと思う。車で駅舎を見に来るだけとならないことを祈りたい。

そもそも肥薩オレンジ鉄道は、JRから、赤字路線の川内駅~八代駅区間だけを譲り受けて、第三セクター方式でスタートした路線である。初めから、補助金頼みの経営だったわけである。ひと駅の駅舎の改修で赤字路線が回復すると考えられるほど甘くはないはずだ。今後、阿久根市が駅舎をどのように生かして観光行政を行うのか楽しみである。

a0158075_1713278.jpg
a0158075_17134371.jpg
a0158075_17141230.jpg
a0158075_17143744.jpg
a0158075_17153633.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-05-03 17:15 | イベント・お祭り