日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

吉野ヶ里川柳大会

a0158075_1562658.jpg
a0158075_1551251.jpg
a0158075_1544977.jpg
a0158075_1542962.jpg
吉野ヶ里川柳大会に参加した。鹿児島からは4人参加。宮崎からは貸し切りバスで20名以上の参加者があった。東京からも7名ほど見えていて、全参加者は221名。

会場は、草花が各テーブルに飾られ華やかな中に、おもてなしの心遣いが細部にまで行き届いていた。国文祭やそのプレ大会を控えた鹿児島にとっては大変参考になる大会であった。

おみやげに、ゴマ飴、竹製の盛り器、楢の苗木、ミニトマトなどを戴いた。



題詠5題の各三才
「ふくらむ」
天 ヘソの緒の先ふくらんでゆく未来 かずみ
地 花の穂ひとつ地球をふくらます 久美子
人 黒豆のふくらみ加減母がいる ようこ

「息」
天 一息に飲み汗くさい銭をおく しょう子
地 赤ペンの息を抜かせてくれるモカ ゆうたろう
人 息継ぎに行くふるさとのネギ坊主 清弘

「サラダ」
天 父の名はだれにも明かさないサラダ こうすけ
地 残業の胃にもやさしい温サラダ ゆう子
人 サラダバー女の贅はこんなもの さちこ

「泳ぐ」
天 いくつもの風を泳いできて女 すみよ
地 鯛焼きを白磁の皿に泳がせる はつね
人 何人の女と泳ぐ無一文 紋章

「雑詠」
天 鋭角の隅にたまっていく寒さ さちこ
地 胃袋へストンと落ちたのは夕日 すみよ
人 最後には無学の母にきく意見 淳子

聞き取りなので間違いがあるかもしれない。ご了解ください。

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-20 23:23 | 俳句/短歌/川柳

花みずき

ピンク色の花水木の満開の木を通りすがりで見つけた。
a0158075_18453112.jpg
a0158075_18454498.jpg


コミュニティーセンターの生け花
a0158075_1846784.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-18 18:46 |

臭木(くさぎ)

アヤメ科の花だと思うがちょっと変わった品種のあやめである。

a0158075_19512362.jpg


若葉が食用になるといわれる臭木(くさぎ)の若葉を実家からもらってきた。軽く湯がいてあく抜きをした後に煮しめものなどにいれると味がしみて美味しい。

a0158075_19515542.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-16 19:51 |

庭の雑草

庭の雑草
シロツメ草、オオイヌノフグリ、セイヨウタンポポ
a0158075_16565593.jpg
a0158075_16574544.jpg
a0158075_16575958.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-12 16:59 |

八重桜とフリージア

八重桜とフリージア
a0158075_18581650.jpg
a0158075_18582977.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-09 18:58 |

柳人集結

柳人26人が、鹿児島慈眼寺の寿司屋に集結した。鹿児島市内はもとより入来、川内、指宿からも集まり、ふだん名前しか知らない柳人と話をすることができた。柳歴数十年の大先輩がほとんどで、いろいろお話を聞かせていただき有意義な食事会だった。
5月11日の国民文化祭プレ大会に向けて、結束と親睦を図ることができたと思う。

句会も兼ねていて、席題「文化祭」で二句ずつ投句して全部が披講された。

特選句:
文化祭となりに美人気もそぞろ 文

準特句:
喜寿の僕国文祭に恋をする 岳柳

準特句:
国なまり知らぬ同士が句に集う 正柳

佳句4:
もてなしの粋を集めて文化祭 夢修

選者吟:紅雀
よっといで楽し田舎の文化祭
心ひとつにまとまりましょう文化祭

寿司屋の額縁に入っていた揮毫
カッパが踊れば、鯰が踊る。鯰が踊れば地球が動く。


a0158075_18251893.jpg
a0158075_1825314.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-07 18:24 | 俳句/短歌/川柳

つつじ

ここのところのぽかぽか陽気で庭のツツジが咲き始めた。紅白にピンク、白に斑のピンクの四種類。
a0158075_12505070.jpg
a0158075_12511056.jpg
a0158075_12513733.jpg
a0158075_12515095.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-04 12:51 |

別府の旅

31日の深夜から2日にかけて別府に出かけてきた。車で九州自動車道を北上、鳥栖から大分自動車道を使って5時間ほどで到着。

別府の地獄めぐり(と言っても坊主地獄だけ)と、ビーコンコンベンションホールに隣接した展望台(約100m)から別府市内を一望。別府湾や高崎山などがきれいに見える。夜は、野焼きを見ることができた。別府名物のとり天も食べることができた。
a0158075_1615413.jpg


帰りは、新しく開通した宮崎周りの高速道路を使って帰ってきた。運転は兄に任せきりで快適な旅だった。往復約700Km。
a0158075_14481033.jpg
a0158075_14482560.jpg
a0158075_14484174.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-04-02 14:49 |