日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

飲み会

地区のコミュニティーの飲み会に参加。薩摩の名物「鶏刺し」。地元の限定販売ブランド柳山。くせのない飲みやすい焼酎である。
a0158075_22443022.jpg
a0158075_22444925.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-30 22:44 | 今日の一日

陸上競技の講習会

陸上のトレーニング法の一端を知る機会があった。

愛知製鋼陸上部(監督が薩摩川内市出身の児玉泰介氏)が、当市陸上競技場で合宿中である。近隣の中高生や指導者に対する講習会が開催された。柳友のご厚意で参加させてもらった。児玉泰介と言えば、昭和61年の北京国際マラソンで当時の日本最高記録2時間7分35秒で優勝した選手である。鹿児島出身だったので当時の驚きを今でも覚えている。この記録は現在でも日本歴代5位だそうだ。

愛知製鋼陸上部の部員を交えた体験講習で、トレーニングとして20通りほどの走り方を教えてもらった。つま先走り、踵走り、スキップや腰捻り走りなどなど。単調になりがちな陸上競技ゆえにいろいろな走法を採りいれて飽きがこないメニューに仕上げてある。30人ほどの参加者がいたが、中学・高校の部活では即使える練習だと思った。
a0158075_18145566.jpg
a0158075_18152555.jpg
a0158075_937522.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-25 18:14 | イベント・お祭り

花尾の隠れ念仏洞

花尾のかくれ念仏洞

薩摩藩の一向宗に対する禁制は有名である。一向宗が薩摩に伝わったのが室町時代の中期(1500年ごろ)と言われている。階級社会にあって平等を説く一向宗に薩摩藩は即禁制をしき、その厳しさはたいへんなものであった。

この花尾の洞みたいな山奥の僻地や、舟の上などで法座を開いていたという。この洞のなかは、8畳くらいの広さで本尊や仏具が置かれて、講の人たちが悪天候の時など人気のない時を選んで集まっていたそうだ。定期的な法座や報恩講などが行われていたわけである。

明治初年には、廃仏毀釈のあおりを受け、多くの信者が罰せられて、御本尊も取り上げられたという。
a0158075_1973869.jpg
a0158075_1982174.jpg
a0158075_1984472.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-23 19:09 | ふるさと鹿児島
阿久根でご馳走になった料理
ボンタンサラダとベトナムちまき

ボンタンサラダは阿久根名物のボンタンをブロッコリーやカリフラワーなどと混ぜ合わせた栄養満点のサラダ。ボンタンもこういう使い方があったのかと意表をつかれた。さっぱり味でおいしい。

ベトナムちまきは、ベトナムに行かれた方のおみやげで出されたもの。中にバナナが入っている。ちょっと箸をつけてから写真を撮ったので型崩れしているが、実にきれいにバナナがふたつつめ込んであった。初めて食べる食感と味で表現のしようもないが、バナナの甘みと香りがもち米を引きたてている。おやつ感覚で食べられる。
a0158075_1931598.jpg
a0158075_1933094.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-20 19:03 |

歌会始

昨日15日に皇居では新春恒例の「歌会始の儀」が開かれたそうだ。

昨年末に当ブログで、一般応募の入選者の中に短歌を始めてまだ一年も経たないラッキーボーイの高校生がいたことを紹介した。
どんな短歌か気になっていたが、今日の新聞に出ている。

続かない話題と話題のすきまには君との距離が静かにあつた  新潟県 加藤光一

友達との携帯メールのやりとりから生まれた歌だそうだ。携帯を持つ人ならだれでも経験がある、共感を呼ぶ若者らしい歌に仕上がっている。入選しただけのことはある。

若い方からもう一人の入選者の歌

二人分焼いてしまつた食パンと静かな朝の濃いコロンビア  東京都 中島梨那

ドラマが展開しそうで、連想がつぎつぎと湧いてきておもしろい。

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-16 23:34 | 俳句/短歌/川柳

新春俳句会

新春俳句会に参加した。

二句ずつ持ち寄って互選する形式で、いつもより早めに終わって食事会となった。
川柳漬けになっている頭で、俳句がなかなか出てこなかったが、なんとか呻吟して持って行った句が、互選一席と人賞となり、丸山眞先生から色紙をいただいた。なんと元旦から幸先がいいと思っていたらこんなところに顕れた。

ザクザクと切って男の七日粥 
        オサム 人賞

藤村のほのかな恋や読始め  
        ミヨ 天賞
小流れのひかり止まずよ蕗の薹  
        ミヨ 地賞
a0158075_1722880.jpg


川柳会の食事写真
a0158075_17223996.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-15 17:26 | 俳句/短歌/川柳

菜の花マラソン初参加

いぶすき菜の花マラソンに初参加した。

前日、知覧のちんねんさんの自宅に14時ごろ到着。前日受付をするために、いっしょにマラソンコースを車でたどりながら指宿市民体育館に出掛ける。ちんねんさんはすでに2回走っているので、コースの特徴をポイントごとに丁寧に説明してくれる。先頭集団を走るわけではないから不要にも思われたが、実際走ってみて、沿道でどういうもてなしがあるかを知っているだけで楽しく走れる。また次がわかっているだけでペース配分もずいぶん楽である。

 夜は完走を祈念して軽くビール・焼酎で乾杯。奥さんの手作りの餅やぜんざいまでいただき棄権などできないと思う。

当日は、ゴール近くの駐車場を確保するために早朝3時起床、4時出発。到着後は2時間ほど車内で仮眠。余裕をもってスタートラインに立つことができた。今回2万人近い参加者がいたが、目標タイムごとにスタートラインがうしろにさがっていて、正規のスタートラインまでたどりつくのに最後尾の人は20分ほどかかるそうだ。

ランナーが多いので坂も坂に見えないという利点があることに気付いた。最初から最後まで周りに誰かがいるので心強い面もある。とにかく沿道の声援ともてなし料理には驚いた。給水所の水はもちろんのこと、あめ玉、チョコ、サツマイモ、餅、ぜんざい、豆、トマト、豚汁、パン、ワイン…などなど。昼を挟んでのレースなので全部食べて走るランナーもいたかもしれない。それを楽しみに参加するランナーもいるらしい。

実際のレースは、中間地点くらいから足が痙攣を起こして走れなくなった。走り出すたびに痙攣を起こすので、早足に切り替えてゴールまで何とか到着。目標の5時間は切れなかったが、17分はおまけであろうか。ちんねんさんは数分早かった。総合順位では5949位/19550人だから、休憩しながらのゆっくり歩きがいかに多いかがわかる。来年は、痙攣対策を考えて、走り続けてゴールしたい。

初マラソンを、しかも2万人参加の大きな大会を経験できたのはよかった。ちんねんさんのお蔭である。
ちんねんさん、ありがとう。感謝です。
a0158075_951162.jpg
a0158075_951262.jpg
a0158075_9515667.jpg
a0158075_9521690.jpg
a0158075_9523374.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-13 09:52 | イベント・お祭り

新田神社の武射祭

薩摩の一宮新田神社の神事「武射祭(むしゃさい)」を見学できた。
参道に砂を敷きつめ射場が作ってある。直径が1m50cmほどの的に向けて、4mくらい離れたところから弓を射るようになっている。

始めに宮司と神人が6射ずつ射る。それから新田神社附属のみくに幼稚園の年長組の子ども達がふたり一組で二射ずつ射る。思ったより近くから射ているが、なかなか当たらないものである。子供たちにとっては、当たったかどうかより武射祭に参加したことの方が、意義ありそうな行事だ。この春から新一年生になる子供たちにとっては素晴らしい体験になっただろう。

流鏑馬のような派手さがないので、見物人は園児の家族や一部の報道陣やカメラマンくらいのものである。せっかくの一の宮の神事だから、もっとやり方を変えたりしてみれば観光客を呼べるのになと残念な思いがする。ただ神社側としては観光客を増やそうという気持ちなどないのかもしれない。300年続く神事を粛々と執り行い、まあ副次的に幼稚園児がちょっと増えてくれればというくらいのとらえ方なのかもしれない。武射祭にあこがれて入園者が殺到しても困るのだろう。(笑)

みくに幼稚園の幼稚園歌が書かれた石碑が神社の入り口に建ててある。驚いたことに、作詞 与謝野晶子、作曲 中山晋平とある。昭和13年の作品。これは、もう歴史に残る名歌といっていい豪華コンビによる作品である。
a0158075_20525580.jpg
a0158075_20531351.jpg
a0158075_20534785.jpg
a0158075_2054073.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-07 20:53 | イベント・お祭り

見晴らし

昨年暮れに取り付けた小学校のイルミネーションの撤去作業に参加した。大きなモミの木に登り先端にある星や四方八方に張り巡らせた配線をはずす作業を手伝った。そんな高い木ではないが見晴らしがよく、正月早々爽快な気分を味わうことができた。感謝!

あらたしき年の始めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事(よごと)  大伴家持
a0158075_22462782.jpg
a0158075_22464834.jpg
a0158075_22471128.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-05 22:47 | 今日の一日

泳ぎ初め

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元旦のきょうは、曇り空で初日の出は見られなかった。西方海岸で泳ぎ初めの御祭に参加した。海岸のごみ拾いをしたあと、神主さんの祝詞を聞いて、海に入った。さほど気温も低くなく、海から上がると身体がポカポカしてきた。しるこも振る舞われ、全然寒さを感じなかった。元旦から今年は幸先がいい。
a0158075_19101756.jpg
a0158075_19104115.jpg
a0158075_1911395.jpg
a0158075_19112124.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2014-01-01 19:12 | 今日の一日