日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

先日知人から戴いた村上春樹著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を、二晩かかって読み終えた。昼間読めないので夜九時過ぎからの読書を考えると一気に読めた方かもしれない。村上春樹の小説に魅了されたともいえる。

わかりにくいタイトルだが、英文のタイトルを読むとすっきりする。Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage 「つくる」と名前が平仮名表記なのでわかりづらいのだろう。多崎作は主人公の名前である。-

あらすじはざっとこんなものである。多崎つくるは、高校時代に仲良し5人グループに所属していた。つくるは東京の大学に、他の4人は地元の大学に進学する。大学二年のとき突然に理由もなく疎外されてしまう。そのトラウマを引きずったままつくるは、東京で駅舎をつくる技術者として会社勤めを続けている。36歳のときガールフレンドに疎外の理由を明らかにするように言われ、昔の仲間を訪ねてまわる。

村上小説特有の、北欧がでてきたり音楽や酒に関して薀蓄の深さを示す場面がでてくるが、今回は、高校時代の同級生がレクサスのセールスマンをしている設定で車描写が細かい。

「個性」とは何か?「人間」とは何か?といったような根源的なところをテーマにした小説である。読みながら、年齢退行療法や小野田寛郎氏のことなどを思い出した。

年齢退行療法は、幼児期あるいはトラウマをかかえた時点に遡って追体験したり、大人の知恵で乗り切ってしまうという療法である。強迫観念的に取りついている言葉を払しょくしたり、幼児期に成し得なかった体験を、体験し直すことで人間関係の修復や自信回復をめざす心理療法である。

小野田寛郎は、日本軍の元兵士で太平洋戦争終結から29年目にフィリピンルバング島から帰還した人である。彼は終戦を知らず密林の中に潜伏し続け、上司の谷口義美元少佐から任務解除・帰国命令を受け、やっと武装解除して投降した。情報将校であった小野田氏がスパイとして洗脳されていた(任務に忠実だったというべきか)ことはよく知られている。人間の「心」が、このような極限まで追い詰めるものかと驚かされる。

小説中の多崎は、おそらくは個性的魅力的な人物なのだろうが、5人仲間の中で唯一色が入っていない名前をもつ自分を「色彩を持たない=個性のない」人間として、知らず知らず自己暗示をかけてしまう。人間関係もうまく築けず、自信のない悩める青年として成長していく。最後には、謎解きのような巡礼の果てにフィンランドまで同級生の女の子を訪ねて行き、そこで暗示を解いてもらうことになるのである。

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-30 11:49 | 読書

夢修庵句会

久しぶりの夢修庵川柳句会とその後の「歌おう会」だった。
昼食に先日頂いた「黒豚餃子」を出したところ大好評。差し入れの、煮しめもの、ニガウリの酢漬けなども加わりちょっとリッチなランチになった。
食事を摂りながらの句会も悪くはないと思う。
a0158075_21505264.jpg
a0158075_2151260.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-26 21:50 | 今日の一日

黒豚餃子②

昨年の6月30日にも紹介した黒豚餃子。ちんたんさんからの頂き物でした。今年もまた頂きました。黒豚、小松菜入り、しそ入りと三種類の詰め合わせ。

黒豚のイラストが、○○ちゃんのイメージキャラじゃないかとコメント欄で異常に盛り上がりました。数日、イラストを見るたびに笑いが収まらなかったのを覚えています。まあ、こんな笑いの種になりしかも美味しい餃子を送っていただきちんねんさんに感謝です。
ちんたん~ありがとう。m(^〇〇^)m
a0158075_22261657.jpg
a0158075_2226256.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-24 22:26 |

協賛

共催、後援、協賛の違いを即答できる人は、そう多くはないだろう。

参考までに、
霧島市の共催、後援及び協賛に係る事務取扱規程 をコピペさせてもらった。
(定義)
第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1) 共催 行事の企画又は運営に参加し、共同主催者としての責任の一部を負担することをいう。
(2) 後援 行事の趣旨に賛同し、その開催を援助することをいう。
(3) 協賛 行事の趣旨に賛同し、その開催について協力することをいう。
これを読んでも今一つピンとこないところがある。

実は、今回あるイベントチラシに「市の協賛」と印刷したところ、担当部署からストップがかかったので考えざるを得なくなった。

市側の主張は、「共催・後援」という文言なら申請を出して許可されれば使用可能、一方「協賛」は役所として使っていないので認められないとのこと。

ネットで調べてみると、「協賛」は、市の主催行事などに対して、その趣旨に賛同して企業や各種団体などが催す小イベントを協賛事業というようだ。つまり、下のものが上に対して賛同して催すイベントのイメージだろうか。
例えば、市政施行○周年記念行事や、国宝彦根城築城400年祭行事に対する協賛事業のようなものである。

協賛事業を市側が募るというのはありでも、一団体が行うイベントに対して、市が協賛するというのは、お役所的立場では逆だから認めないということだろう。「協賛」という言葉の許可申請がないという理由が納得できた気がする。

共催=共同主催や後援なら、お上のメンツも立つので使ってよろしい、ということだ。

しかしながら、役所の立場で考えるなら、万一、事故が起きた時、責任問題になるので先手を打つ意味で、許可申請にしているというのはわかる。ただ、今回の事例のような、市がすでに認可して補助金まで出した事業に対して、申請を出さないと共催・後援という文言すら使えないというのも煩雑なことである。役所が自ら仕事を増やしているようなものだ。

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-23 21:14 | 雑感

旧増田邸

入来麓の武家屋敷群の中にある旧増田邸。増田氏より薩摩川内市が寄贈をうけて約2億をかけ修復工事を行い、大正時代の面影を残す茅葺の邸宅である。今年の4月1日より無料公開を始めているが、昨日やっと訪れることができた。

清色城に隣接した千坪弱の広大な敷地である。延命寺というお寺がもともとあったところらしい。大正、昭和初期には増田家が眼科医院を開業していたところという。邸宅そのものよりも、庭のモミジに興味を持った。真夏に紅葉するモミジがあるのを初めて知った。ネットで調べてみると、出猩々(でしょうじょう)という種類があるそうだ。木の半分が緑葉でのこり半分が紅葉しているのも興味深い。接木でもしてあるのだろうか。

たまたま訪問者が一人だったので、邸宅常駐のガイドさんが邸宅について懇切丁寧に説明してくれた。ただモミジについては、落葉に閉口しているというだけで品種などについては知らないという。
a0158075_19204422.jpg
a0158075_19205910.jpg
a0158075_1921163.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-21 19:21 | ふるさと鹿児島

夢修庵コンサートin入来

入来での夢修庵コンサート成功裡に終えることができた。出演者の皆さんはもちろんのこと、スタッフや武家茶房の皆さん方のご協力の賜物である。感謝したい。

冷房・扇風機がフル稼働しているにもかかわらず、来場者の熱気に負けそうなくらい会場はヒートアップしていた。畳の上での生の音楽会は初めてというかたが多かったのではないかと思う。喜んでもらえてよかった。次につながるといい。
a0158075_625590.jpg
a0158075_6316100.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-20 23:29 | 音楽、コンサート

無彩色のパラドックス

南日本新聞の歌壇欄選者でもある永田和宏氏の「近代秀歌」に、無彩色のパラドックスについてふれている。

簡単に言えば、「無い」と言われれば逆に「無い」はずのものの存在が強く意識され、思い浮かべてしまうということである。

見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮  藤原定家

見渡したら海辺の粗末な家以外は、花も紅葉もないけれど秋の情趣を感じる哀れさがあるという歌である。ところが「花も紅葉もなかりけり」と打ち消してはいるが、読む者に、ないはずのものが逆に色鮮やかに脳裏に現出してくる効果がある。

広くとらえるならば、墨絵の世界で余白に色を感受したり、落語の間に何か言葉を継いでいたりすることにも通じるのかもしれない。「好きではない=(嫌い)」と言われれば、好かれている状態を想像してますます深みにはまってしまうとか… ちょっと脱線したたとえ話であるが、当たらずとも遠からずかもしれない。(笑)

つはぶきはだんまりの花嫌ひな花  
三橋鷹女

完敗へひきずるモノも何も無い 紋章
絵空事ばかり喋って椅子が無い 紋章
効果を狙っての作句かは知る由もないが、読む側からいうと、「無い」という強い語が下五にくると反転して、無いものが浮かんでくるような気がする。

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-18 23:24 | 俳句/短歌/川柳

そうめん流し

ゴルフ大会参加のために来鹿された東京からのお客さんを案内して回った。
東郷町の山奥にあるそうめん流し。初めて行ったが、ヒンヤリするような山の中にあり、渓流のせせらぎを聞きながらそうめんをすすると暑さも忘れる。ところが、ここは9月1日に閉鎖するという。いいところなのにもったいないことだ。

18世紀半ばごろ、ロシアに漂着した鹿児島の漁師ゴンザ(当時11歳)の御霊を祀る神社に串木野まで出かけた。神社の裏手にある断崖が絶好の涼み場所になっていたのであたりを散策。

あまり観光地を巡るのは好きでないとのことで、大したところには出かけられなかった。「自然を眺めているだけで満足」という言葉を聞いたときには、東京に住んでいる人からすればそれが正直なところなのかもと妙に納得してしまった。おもてなしが過ぎて、あちこち連れて回られてほとほとくたびれ、帰宅したらぐったり寝込んだなんて話も聞くので、次回の楽しみを残すくらいがいいのかもしれない。
a0158075_1857110.jpg
a0158075_18571294.jpg
a0158075_18573679.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-17 18:57 | 今日の一日

喜入、指宿方面

全英オープンゴルフのパロディー版ゴルフ大会に、全えい(頴娃)オープンゴルフ大会というものがある。毎年喜入カントリークラブで開催されてきて今年は25回目。いろいろなお付き合いから、初めて参加してみた。結果はノーコメント。
予選敗退ということにしておきます。(笑)

せっかく指宿方面に出かけたので、川柳仲間のエイコウさんのご自宅を訪ねた。歓待して頂き、自慢の絵や写真、温室を見せていただいた。さつきやアイリス、蘇鉄などが30坪ほどの温室にぎっしり詰まっている。こんな素晴らしい趣味をたくさん持っていらっしゃるのに、本人いわく、一番の趣味はカラオケだそうだ。一度ご一緒したことがあったが、さすがに素人とは思えないほどうまい。

おみやげに額縁入りの箴言を戴いた。経営者や地域ボランティアとして貢献されてきたエイコウさんお気に入りの箴言らしい。あやかりたいものだ。
a0158075_2102391.jpg
a0158075_2103848.jpg
a0158075_2105511.jpg
a0158075_211949.jpg
a0158075_2112488.jpg
a0158075_2132360.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-15 21:01 | ふるさと鹿児島

夢修庵コンサートin 入来

夢修庵コンサートin入来
7/20, 15:00~


先日5月25日に行われた夢修庵コンサートが、入来のもんじょの郷、武家茶房に場所を移し、今月20日に再公演されます。前回見逃された方、お近くの方、チケットが残りわずかになりました。早めにお申し込みください。

入来武家屋敷群の一角にあるとても風流な民家です。
バリトン谷口征夫、クラリネット小田原美紀、ピアノ中村紀子のいつものメンバーです。場所をかえてどんな公演になるか楽しみです。熱い入来の人たちに感化されて、いつもと違う音になるのではと密かに期待しています。
a0158075_16571017.jpg
a0158075_16572821.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-07-13 16:43 | 音楽、コンサート