日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

望楼台

知り合いの方が案内してくれて、市内寄田にある天狗鼻望楼台跡地を見学することができた。旧海軍の沿岸警備のために作られた監視所である。見晴らしがよく監視所が置かれていただけのことはある。1895年の日清戦争が終った年に望楼台は置かれ、1904年の日露戦争時にはバルチック艦隊が北上するのを監視していたそうだ。

望楼台はもともと、防露台と表記していたらしい。ロシアの進出を防ぐという意味だろうがいつからか望楼台に変わったときく。そういえば正露丸ももとは征露丸だったとか。時代を反映しているといえばそうだが、表記を変えるところなど日本的配慮があふれている。

ロシアなど、いまだウラジオストク(東方を支配する町=つまり極東の日本を支配する意味だそうだ)を使っているというのに。ついでながら、朝鮮征伐も朝鮮出兵に変わっている。極め付きは、原爆記念碑は、どっちが落とされたほうかわからないような、「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」。
まあ、ことほどさように、日本人は戦争に対する嫌悪感が骨身にしみているということだろう。
a0158075_21152066.jpg
a0158075_21153440.jpg
a0158075_21155659.jpg
a0158075_2116637.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-31 21:16 | ふるさと鹿児島

花いろいろ

a0158075_2005671.jpg
庭の初蝶(ベニシジミかも?)
a0158075_2011042.jpg
諸葛菜(しょかつさい)
a0158075_2012257.jpg
小手鞠(こでまり)の花
[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-28 20:04 |

珈琲メーカー

東京の友人からコーヒーメーカーを送っていただいた。ミル付きの本格派メーカーである。今まで急須にろ過紙を置いて抽出していたのを、見るに見かねてか憐れんでか贈ってもらったみたいだ。(^^) 有り難いことである。感謝感激。

川柳や歌の集まりの時、美味しいコーヒーを皆さんに振る舞ってみたい。
珈琲の香りのなかでクラシック音楽を聞きながら、川柳を捻ってみるのもいいかもしれない。
a0158075_1720318.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-26 17:20 | 今日の一日

宮崎市民川柳大会参加

第44回宮崎市民川柳大会に参加した。投句者を含め107名の大盛会だった。
入来わくわく番傘川柳会から4名参加した。鹿児島からは全部で11名参加、その他熊本、福岡、佐賀からも参加されていた。
温かい歓迎ムードの会場には、お茶や菓子を出してくれる部屋まで用意してあった。披講までの長い待ち時間を、昼食をはさみのんびり過ごすことができ有り難かった。

6つの題「起立」「空腹」「病院」「平均」「休憩」に対して、2句ずつ投句する。各選者が、特選句、準特選句2句、佳句5句、平句あわせて55句選句するやり方である。

全没だけは避けたいと、推敲を重ねて出した12句のうち幸いに8句を選んでもらった。
「起立」
起立礼心に咲かすさくら花
「空腹」
空腹の少年夢もハングリー
「瓦礫」
瓦礫から黄泉の国への鎮魂歌
敗戦もあの瓦礫から立ち上がり
「病院」
おばあちゃんるんるんサロン病院へ
クランケのいない病院よく流行る
「平均」
平均にするから見えぬ貧富の差
「休憩」
休憩は要らぬ社員のいた昭和

没句
起立から読める職場の忠誠度
空腹は山の幸知る子の天下
懸命に平均キープする少女
休憩に佳境の涙補充する
a0158075_1662152.jpg
a0158075_1663623.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-24 23:59 | 俳句/短歌/川柳

家庭料理

「方言の会」で近所の人家風家庭料理屋に出かけた。広い庭に、桜や紫モクレンが満開で、目を転じるとシャガやケマンが咲いている。
料理は、普通の家庭料理でとくに目新しい料理があるわけではないが美味しかった。デザートとコーヒーつきで千円。
a0158075_189363.jpg
a0158075_189555.jpg
a0158075_1892828.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-22 18:09 | 今日の一日

別れの季節

日置市立図書館館長だより No12より

私がかつて大隅地方のある学校に勤務していた時のことです。近所の奥さんが遊びに来て、今日あった出来事として次の話をしてくれました。

「娘が県外に就職するので、今朝一番の空港バスを見送りに鹿屋のバスセンターに行きました。そこは大隅地区の高校を今春卒業して都会へ就職する人、それを見送る人で大混雑し、あちこちで別れを惜しむ光景がありました。そのうち、バスの出発する時が来て、学生たちは皆乗り込みました。
するとすっと一人の青年が窓から顔を出して、

『ぬっか日は、外に出て働きゃんな!ぜんはおいが送ってやっで!』と、見送りの人たちの後方にいた小柄な母に向かって、大きな声で叫んだのです。するとあたりは一瞬シーンと静まりあちこちで啜り泣きが始まりました。運転手も溢れる涙でしばらく出発できませんでした。
以下省略

ぬっか日は、外に出て働きゃんな!ぜんはおいが送ってやっで!は、標準語に直すと、「暑い日は外に出て働かないでください。お金は僕が送りますから。」
旅立ちに際して、母親に対する万感の思いから口をついて出た言葉であろう。高校生らしい純朴さが横溢した言葉である。居合わせた人たちの心に響くものがあったのも当然だろう。感謝する心の深さが人の心を打つものだから。
a0158075_1951726.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-20 19:05 | 雑感

南部鉄

南部鉄なべと黒じょかをいただいたのでさっそく使ってみた。
餃子なべと焼酎のお湯割りに。むん~うまい。

南部鉄は鉄分(二価鉄)が溶出してそれが体に鉄分を補充して健康にいいそうだ。水をまろやかにしてお茶を入れるには最高の鉄瓶だという。
a0158075_2018185.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-18 20:19 | 雑感

運動公園のさくら

市内の運動公園の桜も、一木に数輪の開花がみられる。今月末には満開になりそうな気配だ。植え込みのツツジは満開である。
まさをなる空よりしだれざくらかな 風声
バスを待ち大路の春をうたがはず 波郷
a0158075_2023217.jpg
a0158075_20231099.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-17 20:23 | 今日の一日

八重桜

3月に入って暖かい日が続いたせいで、今年は例年になく開花宣言が早いそうだ。温泉町で見つけた八重桜。赤が鮮やかで人目を引くみごとな桜である。
a0158075_2319437.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-16 23:20 |

第一回歌おう会

夢修庵句会のあとに、近所の皆さんと声を張り上げて歌おうと計画した「歌桜(おう)会」の一回目が予想以上の盛会になった。

先日のパントマイム公演のとき、チラシでお知らせしただけなので、はたして何人集まってくださるかわからない。ところが、うれしいことに定刻の2時前には近所の方が集まってくださり、川柳の句会参加者を入れて12人の大合唱となった。
カチューシャ、みかんの花咲く丘、夏の思い出、花は咲く、故郷、を伴奏も無しに大声で歌っているうちに汗が吹き出してきた。石神さんが司会進行役で、元音楽の先生が指揮をしてくださり大いに盛り上がった。みなさん喜んで下さり、いい企画だったかなと一安心した。次回が楽しみ~。

喜ばすこと わが喜びと 愉快がる 夢修

a0158075_1925545.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-03-15 19:25 | 今日の一日