日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

<   2012年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

十五夜

今宵は中秋の名月、十五夜である。冴え冴えとした満月をしばらく眺めながら、もっと高感度のいいカメラがあればこの名月を残せるのにと現実的なことを考えてしまった。昔は、一升瓶にススキやクリの木の枝を挿して、「とみ」と呼ばれるふるいの上に置いて十五夜の飾りを作ったものだが、今は全く見かけなくなった。そもそも満月を愛でるなど、よっぽどの好きものか閑人かだろう。娯楽の多いこの世の中で月を見上げて数時間も過ごす人間は皆無にちがいない。月を眺めていたり満ち欠けを気にしていると気が狂うという俗説がある英語圏においてはなおさらである。

しかし、太陰暦で暮らしてみたいなと思う時がある。月の呼び方を実感するための追体験をしてみるためである。
いつかいつかいつかと待ちしけふの月 田捨女  (坪内稔典の季語刻々より)

よもやま畑のにがごり棚は、黄色くなってヘチマだけが元気にしている。周りの水田は黄金色に色づき刈入れを待つばかり。これから秋がますます深まって紅葉の見ごろを迎えるころには、ちょっと遠出をしてみたい。
a0158075_2053462.jpg
a0158075_2054819.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-30 20:54 | 今日の一日

日本キリスト教伝来の地

ザビエル、ヤジロウ、ベルナルドの像。
フランシスコ・ザビエルを日本に案内したのはヤジロウと呼ばれる鹿児島の青年貿易商だった。1549年のことである。藩主の島津貴久は布教を許すが、藩内の仏教徒の反対や当初予定していた貿易船も来ず、藩内に居辛くなったザビエルは日本布教の足場をつくるために京都に上る。しかしながら天皇にも会えず失意のうちに中国に渡る。彼と同行したのが鹿児島の青年で洗礼名ベルナルドである。彼はザビエルの助けでローマ法王に会うために日本人で初めてヨーロッパに渡り、日本を紹介して人気があったそうだ。

1949年にザビエル渡来400年を記念して、ローマ法王の寄付金をもとに教会が設立され、同時にザビエルの胸像も建てられた。この三人の立像は1999年10月8日にザビエル上陸顕彰会によって建てられたものである。
a0158075_916517.jpg
a0158075_9162523.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-29 23:59 | ふるさと鹿児島

中津小学校

読み聞かせのおじゃはんか入来かたいもんそ会から4名で、甑島の中津小学校に行ってきた。台風の影響もなく最高の天気の中、朝8時30分に串木野を出発。30分ほどで里港に到着。出迎えの車ですぐに小学校へ。校長室で簡単な打ち合わせの時、校長先生が「うちの学校の校歌は椋鳩十先生(児童文学者1905~1987)の作詞なんですよ。ペンネームではなく本名の久保田彦穂を使っていますけど…」と。最後に子供たちに校歌を歌ってもらうことになった。

体育館に行って校歌を見ると、文語調の格調高い歌詞である。大人になってから「そういえばあの歌詞はそういう意味だったのか・・・」となりそうな感じもする。しかし、海の力を讃え大望をもち世のためになれという内容で、さすが椋鳩十の歌詞だなと感心する。

本日の対象は、小学生だけでなく中津幼稚園の園児たち。年小から小6まで幅の広い子供たちが相手である。読み聞かせの会の後は、家庭教育学級の講演を、代表が母親たちに「子供を本好きにする」というテーマで30分ほど話をした。

12時過ぎに終わると、昼食は地元の寿司屋に直行。魚介類が新鮮なだけに味は最高。その後は、遊覧船「鹿の子」に乗って島の断崖を西側から見て回った。2時間半ほどの遊覧だったがあっという間だった。船を乗り換え4時半に里港を出発、5時に串木野着。海も静かで、船酔いもしないで楽しい素晴らしい一日だった。
a0158075_21115010.jpg
a0158075_21113965.jpg
a0158075_21121247.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-28 21:22 | 今日の一日

和食

昨日、豊楽塾の帰りに鹿児島市内で和食レストランに行った。ピアノさんの特選句のお祝いを兼ねて紅雀さんと3人でランチと相成った。視覚で味覚がこんなにも影響を受けるものかとあらためて実感させられる充実したランチだった。
a0158075_17181.jpg
a0158075_1712553.jpg
a0158075_1713569.jpg
a0158075_1714565.jpg
a0158075_1715524.jpg
a0158075_172933.jpg
a0158075_1722070.jpg
a0158075_1723010.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-27 17:05 |

運動会

今月は運動会シーズン。市内副田小学校の運動会のワンシーン。風船がいっぱい上がりどこかで万歳している人がいます。(笑)
a0158075_8103350.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-27 08:10 | イベント・お祭り

豊楽塾

月一の川柳学習会「豊楽塾」の日だった。毎回勉強になる貴重な時間である。
宿題で出ていた課題「初秋」。すでに各人2句ずつ提出済みの句について豊楽さんの講評があった。初秋は難しかったという感想が多く出された。季語でもある上に、読み方も「しょしゅう」「はつあき」とあり、また立秋の頃(8月8日頃)をいう場合と、実感で9月初旬をいう場合では詠み方が大きく違うせいであろうと思われる。


7点句  るんるんと初秋の風に歩を伸ばす つとむ
     添削句⇒るんるんと初秋に伸びていく歩幅
     外圧が初秋の海を踏み荒らす  ピアノ
     添削句⇒外圧に初秋の海の無法ぶり
     曼珠沙華心のひだを染めにくる  紅雀
     添削句⇒曼珠沙華淋しさ埋めに咲き誇り

席題は「言葉」
苑子選
人  ひと言が夜のしじまを眠らせぬ  ナオミ
地  頑張った子を抱きしめてほめ言葉  ピアノ
天  ホッとする言葉が円い輪をつくる  芙蓉

規柳選
人  かごっま弁明治維新の立役者  えいこう
地  師がくれた今も励ますあの言葉  夢修
天  障害の君輝かすありがとう  紅雀
[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-26 21:47 | 俳句/短歌/川柳

寺山から

きょうも一日いい天気だった。寺山からみた川内市内。パンパスグラスが秋の風情を醸し出している。
a0158075_22351552.jpg
a0158075_22352656.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-25 22:35 | 今日の一日

あなたへ

高倉健主演の映画「あなたへ」を見ることができた。昨日好天に恵まれ運動会、体育祭日和となり、今日はその振替休日なのか、中学・高校生が映画館で行列をつくっている。もっとも彼らは、「バイオハザードⅤ」が目当てなので、3Dメガネをもらってはしゃいでいる。スクリーンは同じでない。「あなたへ」は7割ほどの入りでほとんどが中高年者であった。

高倉健扮する刑務官上がりの倉島が、亡き妻の遺言に従って故郷の長崎平戸の海に散骨に行く話である。死後に妻からの2枚の絵ハガキをもらう。一枚は散骨してほしいと書かれたハガキ、もう一枚は平戸の郵便局の局留めで受け取る。
色々な人との一期一会の出会い、妻の思いを知るための旅。平戸でお世話になった女性と保険金詐欺容疑の男との意外な符合。「鳩を飛ばす=受刑者が秘密裏に情報を受け取る」の鳩になった倉島・・・。
涙がポロポロの映画ではないが、いろいろ考えさせることの多い映画ではある。
高倉健が携帯で話す際の、手の甲が妙に気になった映画でもあった。
a0158075_2273819.jpg
a0158075_2274850.jpg
薩摩ラーメンとパパイヤ漬け
[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-24 22:08 | 映画/落語/芸能

長寿

こちらに住んでいて驚くのはお年寄りの元気なことだ。朝早くからグランドゴルフや農作業をしている。80歳過ぎて車を運転している人や、耕運機や草刈り機の操作や木登りなど普通にこなしている元気なお年寄りをよく目にする。敬老の日の新聞によると、今年鹿児島県内で100歳を越えるお年寄りは男性98人、女性472人の計570人だそうだ。100歳以上の人口は1011人(H23、9現在)、最高齢は111歳(女)、108歳(男)。

県のホームページから「長生きの秘訣」を拝借させてもらった。100歳以上のお年寄りからの聞き取りによるそうだ。
1性格・信条
くよくよしない。ストレスを溜めない。
自由気ままに,マイペース
人に感謝する。
物事を前向きに考える。など
2生活スタイル,生活環境
規則正しい生活
よく寝る。
自分でできることは自分でする。
家族と生活したり,会話する。
人とよく話す。など
3食生活
好き嫌いがない。
よく食べる。おいしく食べる。
規則正しい食事(3食)
適量の食事
栄養のバランスを考えた食事など
4趣味・運動
若い頃に農作業などで培った健康な体
体を動かす。適度な運動
歩く。
歌を歌う。など

3食生活のおいしく食べる、に興味をもった。先日、80歳半ばで自転車を乗り回している活動的な女性から聞いた話である。玄米や家庭菜園で作った野菜類を主として食事にしていらっしゃる方であるが、添加物や着色料の含まれる食事をどうしても摂らざるを得ない時もあるが、そういう時には「つとめてにこにこ感謝して美味しいと心で唱えながら食べている」そうだ。それがとりもなおさずデトック(Detox)=解毒(体内にたまった有害物質を取り除くこと)になると言われた。なるほど。

以前あるテレビ番組で、食事前に「いただきます」を言うか言わないかで噛む回数や消化の具合が変わってくるという実証実験をしているのをみたが、小さいことであるが何十年も積み重なったら寿命にまで影響するだろうことは容易に理解できる。

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-23 21:28 | 健康

川内大綱引

あいにくの雨にもかかわらず、薩摩川内市の三大祭のひとつ大綱引が開催された。喧嘩綱とも言われるくらいだから、雨くらいで中止にはならない。毎年9月22日に行われる400年以上の歴史を持つ行事である。直径35センチ、長さ365m、重さ5tの綱を引き合うものである。詳しいルールは、公式サイトを<http://ootsuna.satsuma-sendai.jp/index.html>

見物人は昨年と比べると、さすがに天気のせいで少ない。出店も軒を連ねているがいまいち活気が無いようだ。日本一と言っている割には、まだまだローカルな町の綱引きといったイメージがするのは否めない。ねぷた祭りや博多祇園山笠、阿波踊りなどのように全国から集客できる祭りにするには。開催日を含めて一工夫も二工夫も必要だろう。もっとも、神事だからそんな集客は必要ないと言われればそれまでだが・・・。
a0158075_20541467.jpg
a0158075_20535312.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-09-22 20:54 | イベント・お祭り