日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

感謝とお礼

今年も残り数時間。無知と恥をさらすようなブログにお付き合いいただき有難うございました。お蔭さまでいろいろ学ばせて頂きました。感謝です。
コメントの方が充実していると言われますが全くその通りです。

来年は、川柳をもっとうまく作れるように研鑽したいと思います。それとサイクリングロードレースとマラソンに挑戦したいと思います。年寄りの冷や水などと冷やかさずにお付き合いください。(笑)
では皆様、来年も良い年でありますように。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-31 16:07 | 雑感

年越しそば打ち

a0158075_23343771.jpg
年越しそばを打った。明日は大晦日、慌ただしいのでゆっくり蕎麦など打っていられないだろう。2㎏の蕎麦粉と100gの打ち粉を準備して、つなぎや自然薯など一切加えないで蕎麦粉100%の蕎麦を作った。思ったよりうまくいった。今年もあと1日。あっという間の一年だった。4月にUターンしてから毎日が発見の連続で、楽しみながらこちらの生活に溶け込めたように思う。
晴耕雨読が真面目な目標だったが、とてもじゃないがそんなのんびりとした生活は無理だ。願ってもできそうにない。旧交を温めたり、素晴らしい人たちとの出会いがあったり、人生の再出発としては順調な滑り出しだった。来年もいい年になればいい。
a0158075_23344868.jpg

a0158075_23345921.jpg
a0158075_23351294.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-30 23:35 |

餅つき

a0158075_003376.jpg
暮れの餅つきを7と9のつく日にしたら厄災を招くのでしてはいけないというジンクスがあるそうだ。27日と29日が該当することになりそうだ。七は質屋、九はもちろん苦に通じるし、それが餅を搗いて(憑いて)しまうと考えるためだろう。27日、29日となると二重に質屋通いや苦しみを呼び込んでしまうと恐れる。昔の人が避けたのも当然かもしれない。

しかしながらものは考えようで、全く逆のジンクスになりうると思う。27日は船(ふな)、29日は福(ふく)と読めるのでむしろいいことになりはしないだろうか。事ほど左様に、物事には裏表があるものだ。大器晩成なら栴檀は双葉より芳し。人を見たら泥棒と思えとくれば、渡る世間に鬼はない。習わぬ経は読めぬに対して門前の小僧習わぬ経を読むとくる。一方に固執するなということだろうか。お釈迦様も中庸を推奨されたくらいだから。

先日こんな話をきいた。
あるところに縁起をかつぐ農家の男がいたそうな。大豆の種まきをしようといい日を選んで朝から張り切って出かけると、村の娘が出かけるところに出会う。聞くと歯医者に行くそうだ。歯が痛む?!うわぁ、縁起でもない、今日は蒔けない、葉が傷む。
また別ないい日を見つけて畑に出かけようすると、旅の者に出会う。道を訊かれて答えてあげると、「きのどくな さいな~(ありがとう、さいならの意)」。木の毒…、わあぁ今日も蒔けない。
今度は人に会わないように朝早く出かける。まだ薄暗いなかで人影が見えるので目を凝らすと村のお坊さんだ。見られないよう身を隠しているが見つかってしまう。どういう事情でそんな隠れているのかと問われ正直に話すと、その坊さんは得々と言ってきかせる。根も葉もないことを信じる愚かさについて。しかしその男は、「根も葉もない」にこだわり結局その年種を蒔けなかったという話である。

当ブログのコメンテーター太陽の陽子さんから餅つきの写真を送ってもらった。もちもちという餅つき機とラップに包んでカビが生えないようにした飾り餅である。
a0158075_005145.jpg
a0158075_01599.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-29 23:59 | 雑感
a0158075_2365177.jpg
JR九州が来春のダイヤ改正を発表した。山陽・九州新幹線直通の「みずほ」 「さくら」が16本(8往復)増発され、新大阪~熊本・鹿児島中央間に1日あたり46本(23往復)が運転する。

九州管内で往復していた新幹線を新大阪直通にすることで、現在よりも「さくら」がそれぞれ14本増え,関西,中国方面からのアクセスが良くなり観光客を呼べるインフラは揃った。川内駅も大阪へのアクセスが格段にアップする。鹿児島中央、新大阪間が最短で3時間45分、川内―新大阪間は約3時間半である。

川内駅へ通じる街路樹にイルミネーションが施されきれいだ。節電の影響で例年よりイルミネーションの数は少ないそうだがそれでもまだ見ごたえがある。
a0158075_237712.jpg
a0158075_237272.jpg
a0158075_2374383.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-28 23:07 | ふるさと鹿児島

高齢ランナー

a0158075_21562133.jpg
このブログのコメンテーター、リンゴの詩姫さんのお店には63歳でフルマラソンを3時間39分で完走されたKさんという方がお客さんにいらっしゃるそうだ。すごい記録だと思う。1日おきに10キロずつ走ってトレーニングしているそうだ。これまたすごい忍耐力だ。すぐに思い出したのはサロンパス前会長のことである。

今年の11月23日に106歳で亡くなった、サロンパスで有名な久光製薬の前会長中冨正義氏である。
氏は77歳から91歳まで、ハワイ・ホノルルマラソンを完走するなど、高齢ランナーとしても知られた方である。記録がうんぬんより77歳から15回もホノルルマラソンを完走したという事実だけで驚嘆すべきことだ。サロンパスを配りながらの売名行為という批判もあろうが、まさに体を張って肉体の限界に挑戦した男である。

人間の身体は鍛えれば年に関係なくある程度は進化するのだろうか?あまり激しい運動をすると活性酸素が増えて、要するに錆びてくるので長寿遺伝子が傷つき、長生きできないと聞いたことがある。中冨氏が106歳の長寿を享受されたというのは例外なのだろうか?

42.195㎞という距離は、自分で走ってみてあるいは歩いてみて初めてその重みが分かる。それを2時間ちょっとで走るオリンピック選手の超人的な肉体には驚く。普通の人が目いっぱい走ってもついていけない速さである。だいたい時速20キロだから我々が走る約2倍のスピードである。いまからそこまでの進化を狙わなくても、完走できるような体力をつけられれば十分である。

Kさんや中冨氏を目標に頑張ってフルマラソンを完走できるようこれまで以上にトレーニングを積もうと思う。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-27 21:57 | 雑感

写真の旅

a0158075_211079.jpg
アメリカの友人からAudubon Engagement Calendarという写真つき手帳が送ってきた。毎年贈ってもらっているが、週ごとに大自然の動植物を写したきれいな写真がついている。その中から何枚か…。
まず表紙は、南極大陸のアデリーペンギンが飛んでいるところ。
二枚目はアラスカの高山性のブルーベリー
三枚目ペンシルベニアのルリツグミ。
四枚目ロッキー山脈に住むオオツノヒツジ
五枚目雪をかぶったトネリコ(クロガネモチの赤い実に似ている)
六枚目カナダ西部のバンフの国立公園内の樹氷

世界遺産じゃなくてもこんなにすばらしいところがある。行ってみたいな~。
どてら着て写真の旅は南極へ
ペンギンも飛ばす温暖化クレバス
a0158075_2112192.jpg
a0158075_2114295.jpg
a0158075_212373.jpg
a0158075_2122372.jpg
a0158075_2124038.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-26 21:02 | 雑感

しめ縄飾り

a0158075_21181436.jpg
しめ縄飾りの作り方を習った。コミュニティーセンターの企画で無料で受けることができた。しかも川内大綱引きの縄を何十年も作っているというベテランの方に指導してもらった。

作り方はいたって簡単。三人一組になる。50㎝ほどの藁を一握りとって根元部分を結わえる。そしてそれを二つに分けて二人がそれぞれをねじりながら編んでいく。もう一人がきちんと編めるように真ん中で手助けする。先端を紐で結び丸くして紅白のひもを使って蝶結びにする。紅白の紙垂(しで)と松の枝をつければ完成である。クリスマスレイの日本版といえる。
しめ縄飾りを軒先に吊るすと一気に正月気分になってきた。今年もあと残り6日。
a0158075_21183648.jpg
a0158075_21191100.jpg
a0158075_21192266.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-25 21:20 | ふるさと鹿児島

クリスマスツリー

近くの小学校の樅の木がクリスマスツリーになっている。きれいに電飾が施され雪だるまやトナカイまで作ってある。聞くところによれば、校長先生はじめ教職員の方々、PTAの方々の協力でできあがり22日が点灯式だったそうだ。みごとな飾り付けで地域の人たちまで楽しませてもらって有り難いことである。夜なのでデジカメでの写りはあまり良くないがみなさんに、メリークリスマス!!
         Merry Christmas!        

a0158075_22251425.jpg
a0158075_22252949.jpg
a0158075_22254251.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-24 22:30 | ふるさと鹿児島

奄美通信

a0158075_1984792.jpg

a0158075_1941927.jpg
奄美から写真と資料が届いた。西郷隆盛は尊攘派として江戸幕府の捕吏から逃れるためにしばらく奄美に潜居していたことがある。僧月照と錦江湾に入水自殺をして蘇生してからのことである。安政5年(1858)12月~文久2年(1862)1月までの3年2か月ほどの期間変名して潜伏する。

砂糖積船福徳丸で山川港を出港し奄美の阿丹崎に到着。流謫(るたく)先として最初名門郷士の離れ家にいたが新居に転居。その間島娘の愛加那(あいかな)と結婚して長男・長女をもうけるが、召喚状をもらうと家族を残してこの地を離れる。のちに長男菊次郎と長女菊草は西郷本家に引き取られる。

写真は、西郷が阿丹崎に上陸した際に船を係留した松があったところだそうだ。西郷松と名付けられて今では石碑が立っている。愛加那は子供二人と引き離されると、独り身のまま明治35年66歳でさびしく亡くなる。西郷が愛加那と短い新婚生活を送ったところである。島娘が時代の波に翻弄されつつもじっと耐え生涯を終えた住居である。
a0158075_1945770.jpg
a0158075_1952171.jpg

a0158075_1954658.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-23 19:11 | ふるさと鹿児島

京セラからのお歳暮

a0158075_2322754.jpg
昨日、京セラの稲盛和夫氏の言葉をこのブログで紹介したらそれを神の耳目で気付かれたのか、さっそく今日京セラからお歳暮が届いた。お中元でも驚いたがお歳暮で二度びっくりした。京セラという企業の近隣住民に対する気の遣いようには感心する。大企業のこの細やかな気遣いはある意味アンビバレントなことだが、イナモリズムが生き続ける成長企業には当然なのかもしれない。

つくづく思うのは、京セラが目指すもののひとつに間違いなく地域社会とともに企業を繁栄させていくというポリシーだろう。本当の企業とは、地域社会から遊離した孤立した存在でなく従業員を含め地域住民がハッピーになることで、最終的に株主の利益を最大化できるということを知っている企業だろう。風がふけば桶屋が儲かる式の迂遠な関係に見えるかもしれないが、少し考えてみれば、クレーム問題、従業員が誇りを持って働けるかどうかの問題などを挙げるまでもなく、企業と全く関係なさそうな近隣住民との関係は少なからずあるといえる。その微かな関係をマキシマイズしようとするところに優良企業の稀有な強さをみる。

一個人の処し方も同じだろうなと考えさせられた。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-12-22 23:22 | ふるさと鹿児島