日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

焚き火


本日(6/30)日経新聞朝刊に日本焚き火学会世話人代表の吉長成恭氏の記事が出ている。

焚き火学会なるものがあることにまず驚いた。どんな学会でもありうるのだろうが、焚き火に関して学者が集まって喧々諤々やっているのを想像するのはちょっと愉快な感じもする。吉長氏が、焚き火に興味を持つようになったのは、学生時代に喫茶店で焚き火の基礎を解説した本を見たのがきっかけだそうだ。本人が言っているように、こんなバカバカしいことが本になるんだという思いは、一般の人が焚き火学会の存在についても持つ第一印象ではなかろうか。

氏は「焚き火を囲んで酒を飲むと、知的で内面的な会話が自然に生まれてきた」と言う。連歌会を催したこともあるそうだ。火のおこし方、火吹き竹の作り方、樹木の燃え方、焚き火を通した森林保全、文学にみる焚き火についての研究などなどについて、年に2~3回例会で焚き火を囲んで話をしているという。奥が深いと言われれば「なるほどそうかなあ~」と思ってしまうが、護摩(ごま)を考えたら火に関して人間は特別な思いを持っていることがわかる。

僕は一度だけ真言宗のお寺で護摩の手伝いをしたことがある。護摩壇で護摩木を焚いて仏に祈る行で、無病息災や降伏などを祈るものである。ぱりぱりと燃え上がる火をみていると確かに密教でいうところの「火は智慧や真理を表す」というのがわかるような気がした。本堂の中で燃やすので火勢が強くなったときなど火事になってしまうのでと心配してしまうほどだ。顔が熱くなってポーッとしてくると一種のトランス状態になるのである。不動明王の仏像がリアルに動き出しそうな幻覚さえしてくる。

鹿児島にある最福寺という寺の池田恵観法主は、各界の有名人のメンターとして有名な方だが、時の総理大臣やプロ野球選手などの心の支えになっていると聞いたことがある。
ホームページによれば「百日間にわたり、密教史上誰もなしえなかった秘法「百万枚護摩行」を修行。一日に乳木一万本と添え護摩木三千枚を焚焼するという壮絶極まりない決死の行を無魔成満」とある。

まさに焚き火ならぬ護摩の火に神秘性を感じるところがカリスマの出所かもしれない。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-30 23:02 | 雑感

愛華みれ

宝塚歌劇団花組で男役トップスターを務めた愛華みれがガン闘病記「てげてげ。『良い加減』なガンとの付き合い方」という本を出したという。

「てげてげ」というタイトルをみてすぐに鹿児島出身かなと思ったらやはりそうだ。時にネガティブな響きがしないわけでもない「てげてげ」という言葉は、中庸をすすめるのに使い勝手がいい。張り切っているひとに過熱を諌めたり、怠惰な人間にちょっとの奮起を促すといったことができる言葉である。

この闘病記では、ガンになってしまったものを悲観してもはじまらない、医者を信頼して病気とうまく付き合っていこうくらいの楽観的・前向き志向にしてくれる言葉の使い方だろう。
退団公演の専属主治医だった医者と結婚したとあるから、幸いなことに悪性リンパ腫が寛解したと思われる。

宝塚女優にはユニークな名前が多いが、彼女の名前も「愛華を見てくれ」という鹿児島弁からきているはずだ。「みれ」といえば、むかし塾で教えている時に、「見る」の命令形を「みれ」と教えて恥ずかしい思いをしたことがある。標準日本語では「みろ」である。

彼女は根占の出身だそうで、三遊亭歌之介と同郷である。1964年生まれで宝塚音楽学校に入っているからかなりの英才教育を受けたと思われる。昨年くらいから未完成の大器を発掘するという方針で生徒をとるようになったが、それまではかなりでき上がった生徒だけをいれていた。つまり歌も踊りも相当できる生徒たちである。

僕の高校生の教え子に宝塚を受けた生徒がいるが、学校が終わってから夜の11時12時くらいまで歌やダンスのレッスンを受けていた。素人目には音楽学校に入ったらちょっとブラッシュアップするだけという印象を受ける。もちろん中ではかなり高度なことをやるだろうが、明眸皓歯の上に礼儀作法がきちんとできて歌もうまい、踊りもできるとなれば、退団時に引く手あまたなのも頷ける。ほとんど芸のない最近のタレントと比べれば月とすっぽんだろう。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-29 23:28 | 映画/落語/芸能

自然に対する畏怖心

きょうは暑かった。汗が噴きだすほどのこの暑さは何だろうか?!今年の梅雨は梅雨寒という寒さがほとんどない。
除湿のためエアコンのドライは今まで何回も使っていたが、ついにきょうは扇風機を出さないではいられなかった。

野球賭博などは憤懣のやり場があるが、暑さ寒さはどうしようもない。自然に対する畏怖心に切り替えたほうがストレスはかからないと思う。

本日読売俳壇に、正木ゆう子選でこんな句が載っている。 
叱られているかの如く滝の前 瀬戸順治
この句の滝がどこの滝か知るすべもないが、華厳の滝ほどではイメージが湧きにくい。僕は初めてナイアガラの滝を訪れたときにその圧倒的な水量に言葉を失った経験がある。叱られているという発想・表現はでなかったが、自然に対する畏怖とはまさにこんなことを言うのかくらいは感じたように思う。

今年は幸いなことに大雨による被害がニュースで流れてこない。僕は小さいころから梅雨の時期や台風シーズンになると出水(でみず)による被害を身近に見聞したので、
梅雨出水中洲は点となりにける 林翔  
など、映像が浮かぶくらいリアルに増水の恐怖を感じる。

先日の新聞に、三宅島の火山噴火により神社の鳥居が笠木を残して火山灰で埋まっているのがでていた。2000年の9月に避難勧告が出され、5年後に解除されたものの未だに火山ガスの影響で生活に支障をきたしているそうだ。

火山といえば桜島などしょっちゅう爆発して灰を降らせているが、驚くべきは住民のたくましさというか降灰にめげない生活力である。自然に対する畏敬と畏怖を感じながらめげることなくアダプトしていくのが人間なんだと思わざるを得ない。
灰をかぶることを考えたら、27~8度の暑さなどむしろ喜ばなくてはいけないくらいだろう。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-28 23:44 | 雑感

コラーゲンクッキー

永山久夫氏(食文化史研究家)の最終回の話を聞いた。
きょうは、コラーゲン入りスペシャルクッキーの作り方を教わった。

材料&作り方
小麦粉、そば粉、きな粉、玄米粉をベースにする。
さらに、かつお節、クルミ、クコ、ウコン、ゴマ、山芋、甘草を混ぜて
酒、三温糖、で味付けして手羽先スープでこねる。
量は適量でよい。電気フライパンの上でオリーブオイルをしいて20分くらいかけて裏表をこんがり焼く。

食べる直前にハチミツをかけるといい。試食してみたがメリーさんのクッキーのような厚手で濃厚な味がする。

最後に、永山氏が日本全国の長寿村を訪ね歩いての感想を紹介してくれた。
脳の老化を防ぐための心がけと長寿者の特徴
①テクテク       遠距離もいとわず歩く
②スタスタ       背筋を伸ばし元気よく歩く
③ニコニコ       いつも陽気に笑顔で
④ズーズー       お茶をよく飲む
⑤プープー       快食快便で我慢しないで出す
⑥なんだなんだ     何にでも好奇心を持って誰とでもよくしゃべる
a0158075_21275086.jpg
a0158075_21283092.jpg

エンジェルトランペット
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-27 21:28 |

人工生命

今、メキシコ湾の原油噴出事故で、環境問題が取りざたされている。

TIME誌7月5日号ESSAY欄にNancy Gibbsがこんなことを書いている。

Right about now, it would be great if we could release into the Gulf of Mexico a vat of bugs that did nothing but eat gobs of oil and digest it into harmless smaller bits. Meanwhile, we’d power the cleanup vessels with microbes that swallow grass clippings or seaweed and spit out fuel, so we’d no longer need to punch holes in the bottom of the Gulf in the first place.

「原油を食べてそれを環境に無害な物質に変えてくれる微生物をメキシコ湾に放てたらどんなにいいことだろう。同時に、草や海草を食み燃料を出してくれる微生物から清掃船舶が燃料を得られたら、そもそもメキシコ湾の海底に穴を開けて原油を掘り出す必要がなくなるだろう」

先月20日にアメリカワシントン市内でJ・クレイグ・ベンター研究所のクレイグ・ベンター博士が「コンピューターで人工ゲノムから新たな細菌を作ることに成功した」と発表したばかりである。つまり、神の領域である生命を創ることに人間が足を踏み入れたというたいへんセンセーショナル発表だったわけである。

ただし、ナンシー・ギブスは次のような危惧を書いている。
What if the oil-eating bug mutates, as the horror-movie version inevitably does, and starts eating other things ― like us?
原油を食べてくれる微生物が ― ホラー映画のように他の生物たとえば人間を食べ始めたら ― 一体どうなるだろうか?

That bug we introduce into the ocean to sip the spill might end up swapping DNA with other living things. We have a way to go because we can really know what risks we’re running if we release these organisms into the environment.
海に放出する微生物が他の海洋生物とDNAを交換してしまうこともあるかもしれない。
我々は得体の知れない生物を環境に放つ前にどんな危険があるのかについて十分に知る時間が必要だ。

アメリカには未だに人間のクローンを禁じる連邦法がないという。学会の規制があるだけだそうだ。科学者たちが道徳的な一線を越えようとすることには一般の人々は反対するだろう。今こそ、公開の場で危惧するようなことが起こる前に議論が尽くされなければならないと彼女は言う。科学者たちが人工生命の技術の成功を祝っている一方で、一般の我々は将来どんな代償を払わなくてはいけないかを考えて心配でおちおち寝てもいられないからである。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-27 00:29 | 科学英語

平等という意識

金融庁が、10年3月期決算から1億円以上の報酬を有価証券報告書に記載するよう義務付けたことにより、株主総会や有価証券報告書で次々に1億円以上の役員報酬が個別に開示されている。
本日読売夕刊によれば、最高額報酬の経営者は日産自動車のカルロス・ゴーン社長で8億9千万円、日本人最高額はセガサミーホールディングスの里見治会長兼社長の4億3500万円、以下一覧になっていて日本を代表する大企業が挙げられている。

他人の財布を覗き見して僻んでいる感じでいやであるが、派遣労働者やパートタイムの年収が100万円から300万円といわれる時代にもらいすぎの感じを受けるのは僕だけだろうか?

欧米系の企業と比べて日系企業は役員報酬と下々の労働者との格差があまりないというというのが特徴であったはずだ。もちろん役員はいろいろな特典を享受していたわけだが表ざたにならないように努めて平等を繕うという美徳があったはず。アメリカのGMなど役員報酬で企業をつぶしてしまった例といっても過言ではないだろう。もらうだけもらって会社がどうなろうとあまり頓着しない。だから日本みたいな100年以上の超永続企業は欧米では、特にアメリカでは極めて少ない。

先日、広島マツダ本社工場で元期間社員が乗用車を工場内に乗りつけ、社員をはねて11人を殺傷した事件があった。どのような動機か解明されていないが、推測するに、労働格差・賃金格差・ブルーカラーvsホワイトカラーの確執などなど現場での現実にいかんともし難い壁を感じて不満が爆発したと思われる。秋葉原殺傷事件とまったく同じ背景を持つ事件と言えよう。

この手の事件を肯定する気持ちなど微塵もないが、類似犯はこれからも出てくるのではと思われる。経営のトップが本来の日本的企業経営スタイルを捨てて、アメリカ的な経営スタイルをとり始めてから格差が広がり、上は下を見下すような使いかたしかできなくなったところに問題がある。日本人の清貧を美徳とした生き方など化石ものになってしまったのだろうか?

選挙が近づいているので思い出した。日本人的メンタリティーだなと思うのは、例えば地方の農業地区を選挙区にする候補者など、遊説のさいには作業着に着替えて長靴を履いて田んぼに足を踏み入れるようなパーフォーマンスまでするという。これがぴかぴかのスーツなど着込んで普段外車に乗り回しているような候補者はまず落選の憂き目を見るそうだ。「自分と同じ」という感情が芽生えないと仲間にさえ入れない。

日本企業のよさは一言で言えば、どんな大企業でも家族的な意識を共有できていたところにあったと思う。社長から掃除のおじさんおばさんまで含めて。それが崩れてきているのはまさにこのような企業内における家族間の格差である。

金融庁の報酬開示の意図がどこにあるのかわからないが、日本の場合は知らぬが仏のほうがよかったかもしれない。高額の役員報酬を与えている企業の中には、増収増益に大貢献した役員がいるかもしれない。必ずしも報酬格差が少ないほうがいいというものでもないからだ。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-25 23:59 | 雑感

学芸会


友人のパントマイミスト藤倉健雄君から、彼の論文が掲載された早稲田大学の紀要とアメリカ演劇協会から最優秀論文に選ばれてYTJ(Youth Theatre Journal)の特集“Distinguished Dissertation Award”論文集に掲載されたもののコピーを送ってもらった。

教育演劇に関する論文である。僕はまったくの門外漢なので、興味のある方は彼のサイト(www.kanjiyama.com)をみてください。

坪内逍遥がアメリカの児童演劇を日本にどのように取り入れ根付いていったかその形成過程を詳細に考察した力作だ。坪内逍遥といえば「小説神髄」などで有名な日本近代文学成立に貢献した人だが、児童演劇にも多大な影響を与えたという。さらに理論と実践における坪内の児童演劇の矛盾と実質的な影響を考察してもいる。

小中高の演劇鑑賞会などで全国を飛び回って現場からみている彼だからこそこれだけの論文が書けたのだろう。

児童演劇とは平たく言えば小中学校における学芸会だが、元々は「家庭用児童劇」というものから始まり、社会的・文化的・歴史的な条件を受けながら変遷し発展したそうだ。

勝手に推測するに、戦前・戦中なら軍国少年・少女を育成する機関として機能していたのかなと思う。日清戦争のときの歩兵ラッパ手の木口小平(きぐちこへい)は「死んでもラッパを口から離しませんでした」で有名だが、忠義の手本としてうってつけだっただろう。また、日露戦争時の軍神とあがめられる広瀬武夫中佐なども児童演劇の題材としてはぴったりだったと思われる。

ある高校生に訊くと、今は幼稚園や小学校では「大きなカブ」「「ジャックと豆の木」「西遊記」のような児童書からの演劇が多くなっているという。学芸会は音楽会や展覧会と輪番にやっていたそうだ。ある年は学芸会で翌年は音楽会と、多忙な行事の中で昔の学芸会が埋没しつつあるような印象を受ける。

僕が小学校のときは、学芸会と運動会は二大学校行事で、家族総出で見学応援に来たものだ。昔は、どんな悪役であっても役柄がひとつであれば一人だった。「こぶとり爺さん」「舌切りスズメ」などの欲張り爺さん・婆さん役はもちろん一人だった。しかし、今はモンスターペアレンツを恐れてか、悪役だけでなくヒーロー・ヒロイン役も複数作るようになっている。運動会でみんないっしょに手をつないでゴールのテープを切るのと似ている。

教育演劇が本来の趣旨と大きく変わってきており、厳格な坪内逍遥先生が今の世に生きていたらさぞや驚き嘆くのではなかろうか。(^^)
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-24 23:37 | 雑感

相対性理論

最近知った面白小噺

機内での会話
「パリへは、仕事でかね」
「ええ、わが国の代表で国際相対性理論学会に出席するもんで・・・」
「へぇー、相対性理論ねぇ。なんだか難しい話のようだが・・・」
「いや、それほどでもないっすよ」
「じゃー、それって一口で説明できるかい」
「うーん、そうねー、例えば、おたくのはげ頭に髪の毛が三本あるとする。こりゃ多いか少ないか」
「そりゃ、少なすぎる」
「じゃー、おたくが今飲もうとしているスープに髪の毛が三本入っている。こりゃ多いか少ないか」
「そりゃ、多すぎるさ」
「だろう。すべては相対的なんだよ」
以上「魔女の1ダース」米原万里著に対する徳永晴美氏の解説記事より

以下は改作
「じゃ次におたくが鼻に指を突っ込んで鼻くそをほじっているとする。そうすると、指は鼻に入っているし、鼻は指を突っ込まれている。これって極めて相対的なことだろう?」
「へえー、なるほどね。相対性理論って簡単だね」

教育現場においては、難しいいことを簡単に説明するというのはとても大事なことだ。わかった気になってもらえれば次の学びのステップに進める。教師にとって「わかった。簡単じゃん」これは魔法の言葉だ。酔いすぎて上記のようなでたらめを言わないように自戒しなければ・・・(笑)
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-23 23:10 | 読書

外国人からみた日本文化

The Daily Yomiuri6/22版に、バングラデッシュ人の男性が、「竹取物語」をベンガル語(バングラデッシュの公用語)に翻訳したという記事が出ている。

来日してから30年のこの男性、初めは細菌学者になるつもりで慶応大学で博士号までとり企業に就職していたらしい。ところが、日本文化・文学に魅了され、今では会社を辞めて語学教師、犯罪人の通訳などをしながら生計を立てているという。
日本人はその価値に気づかず独自の伝統を軽視したりするが、世界に類を見ない誇るべきすばらしいものがあると彼は言う。
Japanese culture can’t be compared to any other in the world. This country should be proud of its uniqueness.
さらに彼は百人一首を翻訳するつもりでいるそうだ。


朝日新聞6/20朝刊に、アメリカからやってきた昆虫好きの女性(ジェシカ・オーレック)が、日本の虫を愛でる国民性に驚嘆して映画をつくったという話が「ひと」欄に出ている。

彼女は小さいときから大の虫好き。
以下抜粋
「虫好きは米国ではすごく肩身が狭い。誰も家で虫なんか飼わないし、デパートに売り場はない。変わり者扱いされるのが嫌で、中学以降は昆虫趣味を隠しました」日本の昆虫熱を知ったのは2006年暮れ。博物館の講座で「大昔からトンボやチョウをめでた国。今でも昆虫をペットとして飼う」と知り、脳天がしびれた。そんな夢のような国が地球上にあったんだ!
2007年夏に来日。
ごく普通の人がスズムシとキリギリスの羽音の違いを識別できることに驚嘆し、ホタルを悲恋の象徴と感じる文学性にクラクラした。
「日本の人たちは虫たちのはかない生命に美を感じることができる。米市民にはその文化がない」
以上抜粋

もうべた褒め状態だ。初監督作品「カブト東京」がアメリカで公開中とのこと。

このふたつのストーリーからわかるのは、日本人が卑下しがちな日本文化は、外国人からみたら垂涎の的になるのもあるということだ。江戸期から明治時代に、日本文化に魅了され日本民族の優秀性に驚嘆した外国人がいかにたくさんいたかは上げればきりがないくらいだろう。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-22 21:14 | 雑感

参議院選挙

7月11日の参議院選挙が近づいてきている。
民主党は菅直人代表に代わって支持率がアップしたようだが、この選挙で過半数を取れる勝利を収められるかは未知数だ。自民党案だった消費税10%をマニフェストに入れるべく検討中らしい。政権をとった直後の鳩山首相は「私どもが政権を担う4年間は消費税の増税はしない」といっていたはずなのに、菅総理は官僚との手打ちで密約をしたのかもしれない。
自民党のカンニングをしたなどと自民党の総裁谷垣氏は言っているが、自民がこの選挙で勝ちたければ小泉総理のときのように、逆に消費税問題をワン・イシュー=(郵政民営化問題のようにひとつの問題を争点にする)にすればいい。

マスコミはこぞって日本の財政はたいへん危機的状況で消費税の増税はやむをえないという雰囲気を作り出そうとしている。しかしながら、年金問題にしても天下りのためにつくった特殊法人問題にしても、消費税を上げる前にやるべきことがあるだろうと思う。

まずは、国会議員の大幅削減、特に参議院議員定数の削減ないしは一院制に向けた検討、国家公務員の大幅削減をやってみたらいいのではないか。ただし、言うは易し行うは難しである。小泉首相がアメリカという外圧をうまく使ったように、これだけの荒療治をやるのなら外圧を使うしかない。日本という国は大きな転換期には自国民のみで革命的なことはできない民族なのではないだろうか。近い過去を見ても、明治維新時の黒船から始まった外国勢の圧力、第二次世界大戦終結時の新憲法制定など。

郵政民営化は民営化しさえすれば、多少揺り戻しがあっても民営化の味を国民が知ったら民営化そのものが覆ることはないだろうという読みはあったと思う。要はあれだけのエネルギッシュな異色の総理大臣をいただいてかつ外圧を使わなくてはかなわない郵政民営化だったわけだ。ある意味利権の巣窟だったと言い換えてもいいだろう。

ポピュリストといわれようが人たらしといわれようが、変人的な党代表(どこの党でもいい)が選出されて、消費税をワンイシューにしてその税源として大幅な国会議員と国家公務員の削減を声高に訴えてほしい。そうすればまず間違いなく浮動票は動くだろうし、棄権しようと考えている人だって足を運びたくなるだろう。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-06-21 22:28 | 政治/経済