日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:科学英語( 44 )

更年期障害に利点!?

神が与えた試練にはすべからく意味がある。神でなくとも仏でも天でもいいのだが…。このことは人間の体の不思議にも当てはまるようである。
TIMEの最新号(March 14)にこんな記事が出ている。

The Merits of Menopause
Hot flashes can be torture, but they may help protect the heart

For most women, the “Change of Life” is not an easy one. The symptoms of menopause ― mood swings, hot flashes and night sweats ― can be intense, not to mention embarrassing, and in many cases they can interfere with daily life.
But there may be a healthy upside to those hot flashes, according to the latest research. It turns out that women who have these episodes in their 50s or 60s, the typical age range for menopausal symptoms, also have an 11% lower risk of heart disease over the next 10 years, compared with women who don’t suffer the same symptoms. And because heart-disease risk increases in women’s postmenopausal years as levels of the heart-protective hormone estrogen decline, this risk reduction is potentially lifesaving. Researchers don’t know why the symptoms may reduce heart risk, but they theorize that the blood-vessel activity that occurs during flushing primes the heart and vessels to combat plaque buildup and hardening arteries.

女性の更年期障害の利点
のぼせ感からくる冷や汗は拷問のようでもあるが、心臓を守ってくれている

ほとんどの女性にとって、体調の変化は容易ならざるものである。イライラ、ほてり、発汗といった更年期障害の症状は煩わしいだけでなく時に激しい症状を呈し、多くの場合日常生活に支障をきたすこともある。
 しかし最新の研究によると、このような更年期障害にも健康にいい面があるかもしれないということである。明らかになったことは、50、60代でこのような更年期障害を発現する女性は、そうではない女性と比べてその後の10年間の心臓病にかかるリスクが11%低くなるということだ。心臓を保護するホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少するにつれて、閉経後に心臓病になるリスクは高まるので、このリスクが減少するというのは寿命が伸びることになる。更年期障害の症状がなぜ心臓病のリスクを減らしてくれるのか、研究者たちにもわからないがおそらくほてりが起きているときにおこる血管の運動によって、心臓や血管に血栓ができたり動脈が硬化したりするのを防いでいるのだろうとみている。

そしてこのことは従来のホルモン療法を行っている女性は、心臓病のリスクを減らすという恩恵をなくしているのではないかと疑問を持つかもしれないが、そうではない。ホルモン療法は乳がんになる恐れもあるため、医者は症状を和らげる程度の控えめな量しか処方しないのでこれまで通りで大丈夫である。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-03-07 18:10 | 科学英語
英王立協会が発行する科学誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)にイギリスの小学生のグループが書いた論文が掲載された。

子どもの行った研究(実験)が論文になること自体異例だが、なぜまた権威ある学術誌に掲載されたのか興味があるところである。

ネットで論文にアクセスして、論文の概要と研究成果を抜粋して掲載した。

ミツバチは目が見えるの?(on the vision of bumble-bees)という研究である。
8~10歳の小学生25名の共同研究。研究者の論文と違って先行研究や参考文献を調べたりするのではなくて、純粋に子供の好奇心に基づいて疑問を発しそれに対する仮説を考え実験結果を出して確かめていくという手法である。「子供言葉」を論文形式にするために先生が手直しで手助けをしたそうだ。

こどもたちにとっては、遊びのなかではじめて発見や発明が可能になる。その遊びにルールが加わるとゲームになる。そのゲームこそがまさに科学(science)といえるものである。遊びにルールが加わることでこれまで見えなかった関係性が見えるようになり、自然や人間性に対する共通認識が深まるからである。

今回の研究でわかったこと。
ミツバチは蜜を集める際にどの色の花にするかを決めるのに、色と位置関係を勘案している。また、科学は面白いし楽しいということが今回実感できた。なぜなら今まで誰もやったことのないことができるからだ。

いや、まいった、まいった、という感じだ。最近の重箱の隅をつつくようなつまらない論文を読んでいると、こんな新鮮な論文には拍手喝さいを送りたい。子供たちの好奇心に火をつけてくれる啓発的な論文として。子供たちにいかにモーティベーションを持たせるかと悩む先生たちにとっての福音の論文かもしれない。


(業務伝達)
生分1年の学生へ。論文をダウンロードして次回12日までに準備しておいてください。

Abstract
Background Real science has the potential to not only amaze, but also transform the way one thinks of the world and oneself. This is because the process of science is little different from the deeply resonant, natural processes of play. Play enables humans (and other mammals) to discover (and create) relationships and patterns. When one adds rules to play, a game is created. This is science: the process of playing with rules that enables one to reveal previously unseen patterns of relationships that extend our collective understanding of nature and human nature. When thought of in this way, science education becomes a more enlightened and intuitive process of asking questions and devising games to address those questions. But, because the outcome of all game-playing is unpredictable, supporting this ‘messyness’, which is the engine of science, is critical to good science education (and indeed creative education generally). Indeed, we have learned that doing ‘real’ science in public spaces can stimulate tremendous interest in children and adults in understanding the processes by which we make sense of the world. The present study (on the vision of bumble-bees) goes even further, since it was not only performed outside my laboratory (in a Norman church in the southwest of England), but the ‘games’ were themselves devised in collaboration with 25 8- to 10-year-old children. They asked the questions, hypothesized the answers, designed the games (in other words, the experiments) to test these hypotheses and analysed the data. They also drew the figures (in coloured pencil) and wrote the paper. Their headteacher (Dave Strudwick) and I devised the educational programme (we call ‘i,scientist’), and I trained the bees and transcribed the childrens' words into text (which was done with smaller groups of children at the school's local village pub). So what follows is a novel study (scientifically and conceptually) in ‘kids speak’ without references to past literature, which is a challenge. Although the historical context of any study is of course important, including references in this instance would be disingenuous for two reasons. First, given the way scientific data are naturally reported, the relevant information is simply inaccessible to the literate ability of 8- to 10-year-old children, and second, the true motivation for any scientific study (at least one of integrity) is one's own curiosity, which for the children was not inspired by the scientific literature, but their own observations of the world. This lack of historical, scientific context does not diminish the resulting data, scientific methodology or merit of the discovery for the scientific and ‘non-scientific’ audience. On the contrary, it reveals science in its truest (most naive) form, and in this way makes explicit the commonality between science, art and indeed all creative activities.
Principal finding ‘We discovered that bumble-bees can use a combination of colour and spatial relationships in deciding which colour of flower to forage from. We also discovered that science is cool and fun because you get to do stuff that no one has ever done before. (Children from Blackawton)’.
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-01-04 17:42 | 科学英語

新種 New Species

TIMEの今年の最終号(12/27)に、今年発見された新種(New Species)が紹介されている。
世界は広いのでまだまだ新種の生物がいっぱいいると考えるべきか、現代の化学物質の影響で突然変異を起こしたのか…びっくりするような種がいるものである。倫理的な問題を抜きにしたら、最新の遺伝子技術を使えば新種などいくらでも作れるので驚くに値しないと考えるべきか?!


1.コロンビアで見つかった新種のヒキガエルは、鳥と同じように卵を割って小さいなが
ら完全な形で生まれてくる。まるでくちばしのあるヒキガエルのようである。

2.尖った鼻をもつ果物を食べるコウモリ
  果物を食べるこのコウモリは飛び回りながら未消化の果物の種が入った糞をまき散
らすので、その果物が広範囲に成長する媒介をしている。

3.最高所の木に住むアリ
  パプアニューギニアのこのアリは海抜3000メートルほどのところに生息している。

4.モスラ・キリギリス
  パプアニューギニアで発見された30種の新種のキリギリスの一種は、ピンク色の目
ととげとげの後足をしている。

5.エクアドルの透明カエル
  中南米アメリカにいる約150種の透明カエルの一種は、体全体が透明で心臓の鼓
動が見えるほどだ。

6.巨大ヒゲもじゃネズミ
  この大型のパプアニューギニアネズミは大きめの猫と同じくらいの大きさがある。

7.青い牙をもつ毒グモ
  仏領ギアナにすむこのクモは、コバルトブルーの牙を持ち鳥を好んで食べる。

PS
手作りの蕎麦おいしかった~。田舎そば風の味で蕎麦を食べているという実感がする味でした。V
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-12-27 21:39 | 科学英語

ヒ素?!

リンの代わりにヒ素を使って細胞を増殖させることに成功したというニュースが各社の新聞にでている。これまでの生物学の常識を覆す発見だ。

ヒ素と言えば毒性がありヒ素中毒を引き起こす物質として有名である。

ヒ素はリンと比べて化学的に不安定すぎると考えられていてリンの役割を担いうるとは考えられなかったのである。リンはDNAの整然とした二重らせん構造を維持したり、タンパク質を活性化したり、体内を駆け巡って細胞にエネルギー供給したりするといった役割をこなす。ところが今回の新発見はリンの働きをヒ素ができるという事実である。

A bacterium that can grow by using Arsenic Instead of Phosphorus
Life is mostly composed of the elements carbon, hydrogen, nitrogen, oxygen, sulfur, and phosphorus. Although these six elements make up nucleic acids, proteins, and lipids and thus the bulk of living matter, it is theoretically possible that some other elements in the periodic table could serve the same functions. Here, we describe a bacterium, strain GFAJ-1 of the Halomonadaceae, isolated from Mono Lake, California, which substitutes arsenic for phosphorus to sustain its growth. Our data show evidence for arsenate in macromolecules that normally contain phosphate, most notably nucleic acids and proteins. Exchange of one of the major bioelements may have profound evolutionary and geochemical significance.
『Science』誌オンライン版で12月2日(米国時間)に発表された論文より

リンの代わりにヒ素を使って成長する細菌が見つかる
生物は主要6元素(炭素、水素、窒素、酸素、硫黄、リン)からできている。この6元素は核酸、たんぱく質、脂質となりそれが大きな生命体になっているが、理論的には周期表の中の他のいくつかの元素が同じ機能を担っていることもありうる。この論文で我々は、カリフォルニアのモノ湖から採取したGFAJ-1 of the Halomonadaceaeという菌種について述べるが、これは成長を維持するのにリンの代わりにヒ素を使っている。我々のデータは、通常はとくに核酸とたんぱく質のリン酸塩を含む高分子のヒ素酸塩の科学的事実を示している。主要元素のひとつが他の元素に取って代わったことは進化上また地質的に重要な意義を持つもつ可能性がある。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-12-03 23:26 | 科学英語
携帯にまたひとつ便利なサービスが加わりそうだ。
テーブルに並んだ食事を携帯で撮って送ればカロリーを出してくれるサービスがあるそうだ。

Watch calories by telling food to say ‘cheese’

A new service will enable smartphone users to find out the calorie content of the food in front of them just by taking and sending a photograph.
NTT Communications and other firms are developing an automated system that assesses how many calories a food item contains by evaluating its color and shape from a photograph.
A central server analyzes the photographs by comparing them to a photographic database of food items. It determines which objects in the picture are edible, then identifies the type and size of individual food items to calculate their calorie content.

NTTコミュニケーションズが中心になって開発中のサービスで、写真から色や形を判断して自動的にカロリーを出してくれる。
中央のサーバーで写真を分析して、写真におさめてある食品のデータベースと比べる。写真の中のどの品目が食べられるかを決めて、個々の品目のタイプや大きさを特定してそれらのカロリーを計算してくれる。

ファミレスならカロリーも塩分含有量もメニューに表示してあるが、その他のレストランや自宅で食事をする際、食餌制限をしている人にとってはありがたいサービスになるだろう。

タイトルがおもしろいと思った。食品の写真を撮るというのを、食品に「チーズ」と言わせると表現するところが英語的表現だ。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-11-20 00:19 | 科学英語

人工皮膚 artificial skin

ロボット工学にとって朗報。人間と同じ触覚をもつ人工皮膚が開発されたそうだ。

In the search to substitute the human senses with electronics, good substitutes now exist for sight and sound, but lag for smell and taste. Touch, though, is widely acknowledged to be the biggest obstacle.
人間の感覚を電子的なものに替えるという研究において、視覚と聴覚はかなりいいセンサーがあるが臭覚と味覚は遅れている。そして触覚は最も難しいと考えられている。

Biotech wizards have engineered electronic skin that can sense touch, in a major step toward next-generation robotics and prosthetic limbs.
生体工学の研究者たちが触覚をもつ電子皮膚を生み出した。これは次世代のロボット工学や補綴の四肢にむけて大きな躍進である。

The lab-tested material responds to almost the same pressures as human skin and with the same speed, they reported in the British journal Nature Materials.
実験室で試験した素材は人間の皮膚が感じることができるほぼ同じ圧力に同じ反応時間で反応したという結果が、イギリスのネイチャー・マテリアル誌に載った。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-11-10 00:14 | 科学英語

Mechanical Creature

世の中にはいろんなことを考える人がいるものだ。アメリカ人の友人がおもしろいサイトを教えてくれた。

オランダの芸術家というか発明家のTheo Jansenセオ・ジャンセンは面白い生き物を創作した。

www.strandbeest.com
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-10-30 22:08 | 科学英語

ビタミンB12

アルツハイマーに効くビタミン?
The key to reversing the mental decline caused by Alzheimer’s disease won’t be as easy as popping a vitamin, but new research with a group of nearly 300 elderly people
suggests that B12 may help lower homocysteine, a compound linked to memory loss
and stroke, and reduce the risk of Alzheimer’s as well. (Time, November 1, 2010)
アルツハイマー病によって起きる知力の後退を元に戻すカギは、あるビタミンを摂取すればすむほど簡単なものではないだろう。しかし300人のお年寄りを対象に行った最新の研究によれば、ビタミンB12が記憶喪失や脳卒中に関係した化合物であるホモシステリンを減らしたり、アルツハイマー病になる危険性をも減らしてくれる可能性があるそうだ。

アル中の遺伝子レベルの研究
なぜアル中になりやすい人とそうでない人がいるのか、ある研究者グループが手掛かりをつかんだようだ。遺伝子操作を行ったネズミを使った実験でわかったことは、報奨感や成功感に関係した化学物質であるドーパミンの脳内受容体を欠いたネズミは、常用性を強めてしまうのを好ましいとみなす他の脳内受容体の変化を誘発しているということだ。
(Time, November 1, 2010) 意訳石原

ビタミンB12は貝類に多く含まれているそうだ。しじみ、赤貝、すじこ、牛レバー、ほっき貝、いくらなどを食べると摂取できる。研究途上でありこのビタミンをとればアルツハイマーの予防に役立つとか治せるというものではないらしい。
偏食をしないでいろいろな食品からまんべんなく栄養分を摂取することしかないようだ。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-10-25 19:29 | 科学英語

Stem cells幹細胞

TIME October 18, 2010より

Making Stem Cells Safe for Human Trials

Stem-cell research has always promised a revolution in the treatment of diseases such as diabetes or Alzheimer’s. The problem is, scientists have yet to ensure that stem-cell-based therapies will be safe. A team working with the newest type of stem cells-induced pluripotent stem (iPS) cells, which are made from adult skin cells-now reports that it has overcome a major hurdle in bringing the technique from the lab to the clinic.
幹細胞の実用化
幹細胞の研究は、糖尿病やアルツハイマー病のような病気の治療に革命的な出来事を引き起こすものとみなされてきた。ただし問題は、科学者によって幹細胞を使った治療法が安全であるというのがいまだに保障されていないことである。ヒトの皮膚細胞からできたiPS細胞である最新の幹細胞を使って研究しているチームが、臨床に使うのに大きな障害を克服したと報告している。

In some ways, iPS cells are biologically favorable to embryonic stem cells, which come from excess IVF embryos. Not only can they give rise to any of the body’s cells, but because they are generated by the patient’s own skin cells, they also avoid the potential for rejection if used in treatment.
いくつかの点でiPS細胞が、受精卵を壊して作る胚性幹細胞より生物学的に好ましい。iPS細胞は体のどの細胞にもなるだけでなく、患者の皮膚細胞から作られるので治療に使われても拒絶反応も起きない。


先日の読売新聞の報道によれば、アメリカのジェロンという生命科学系の企業が、胚性幹細胞(ES細胞)を使った臨床実験を始めたという。

ジョージア州アトランタの病院で、脊髄損傷を受けた患者に神経の再生を手助けするため、ES細胞から作った「オリゴデンドロサイト」という神経系細胞の前駆細胞を注入したそうだ。二年がかりで9名前後の患者に試験的に実施するが、運動機能が回復できる治療が実現するまでには数年かかるという。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-10-17 00:05 | 科学英語
理系の学生のほうが一般的に言って、文系の学生より実験などもあって出欠にはかなり厳しいと思う。その分、時間的にも余裕がないのかもしれないが、新聞を毎日読む学生が少ないようだ。これは僕の担当の学生諸君に限らず全般的な傾向といえる。かといってネットやテレビで毎日のニュースに目を光らせているというわけでもなさそうだ。

学生諸君には(業務連絡です)歯磨きと同じように、毎日の世の中の動きに敏感でいないと何となくむずがゆくて仕方がないといった感覚になるような習慣づけをしてほしい。

セレンディピティー(serendipity)という言葉がよく理系の世界では使われる。意外な発見、予期しないで大発見をすることと言ったような意味だが、ノーベル化学賞受賞者の田中さんが実験の失敗から大発見をしてそれが受賞につながったという話を聞いたことがある。

簡単に言えば、ゴキブリホイホイとかゴキブリやかたに子ネズミが捕まるようなものだろうか。これとて、どのような場所に仕掛けたかあるいは開口部を広くしたままで置かれたなどの偶然に左右されるので、仕掛けた人間によってかわる。生身の人間の場合はなおさらセレンディピティ―出会える特質があるのではないだろうか。

それが専門以外の趣味や遊び心だったりする。幅のある人のほうが当然大きなアンテナが張れている分引っかかる率も高いはずだ。迂遠な説明になったが、要するに新聞を読むことで専門以外にも興味関心の窓口が開けるということである。
ブレイクスルー(breakthrough)につながるかもしれない。

以前にもこのブログで書いたが、第二外国語としての英語を読むという作業は、母国語能力に比例するし背景知識で全然違ってくる。とりわけバックグラウンドの知識は重要で、その多寡によっては刀を抜かずして相手を倒すという芸当もできるわけである。極端な例でいえば、自分に関する記事が英語で出たと仮定してみれば、読まずして理解したことになる。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-10-13 23:37 | 科学英語