日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:農業( 49 )

田植え体験手伝い

きょうは近くの小学校の田植え体験の手伝いにでかけた。
昨日の予定が雨で延期になり本日実施となったわけだが、昨夜からの大雨に続く小雨のぱらつく中での作業となった。水張り田にフナが一匹泳いでいるのを見つけた。近くの小川から遡上してきたものだろう。小学校の池で飼うために校長先生がビニール袋に捕獲された。子供たちが横一列になって挨拶したあとに作業開始となった。

驚いたのは子どもたちの格好。安全、安心を考えてだそうだが、手袋、厚手のストッキング姿の重装備に、ちょっと笑ってしまいそうな格好である。校長先生はただ一人素足だったが、蛭に3度も噛まれていた。苗がちょっと小ぶりだったのと、昨夜からの雨で水位が上がっていたせいで、苗を植えても苗の頭が水面上に出てこないというところもあり子供たちは苦戦していた。

23人の5年生と、職員、親たちが一列になって植えていったので三時間そこらで作業は完了した。子供たちも米作りの大変さの一端がわかったかもしれない。田植えはご飯が口に入るまでのほんのひと作業である。モミを水に浸すところから始まり、苗床をつくり、田植え、除草、刈り取り、脱穀。その間には水量の調節や農薬散布などなどあり大変な作業である。
ただ昔と比べ農薬を使うので除草はずいぶん楽になっているらしい。
昨年までは、うるち米ともち米の二種類だったが、今年はもち米だけの植え付けとなった。

昨年、外国人を2名連れて体験に行ったのが懐かしく思い出される。一年があっという間に過ぎていくように感じられる。
a0158075_12134747.jpg
a0158075_1214196.jpg
a0158075_12141931.jpg
a0158075_1214471.jpg
a0158075_12151580.jpg
a0158075_12153180.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2013-06-25 12:15 | 農業

ちゃんどら

阿久根ボンタンマラソンが近づいてきた。阿久根に用事があってでかけたら沿道のあちこちでボンタンを売っている。買って帰ろうと一軒の店に入ると、ボンタンに似た大きなみかんにチャンドラと名前がついている。店の人に聞いてみると、グレープフルーツとボンタンの交雑品種とのことだ。初めて見る品種なのでさっそく買ってきた。ウチムラサキといわれるボンタンに似て紫色の鮮やかな果肉である。交配技術が進んで最近いろいろな品種が現れてくる。昨年はスイートスプリングというミカンを初めて知ったが、これも温州みかんと八朔の掛け合わせである。キンカンとボンタンを掛け合わせたらどうなるのだろうかと一人で苦笑いしながら、チャンドラを味わった。ボンタンとあまり変わらない味に感じられ、掛け合わせでもボンタンが強くでるチャンドラもあるのだろうとのん気なことを考えて戴いた。
a0158075_21452747.jpg
a0158075_21455482.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-12-03 21:47 | 農業

カライモ堀り

a0158075_18471062.jpg
きょうはよもやま畑のカライモ掘りをした。期待して掘ったものの昨年と同じような出来だった。土が悪いのか堆肥を入れるのが少なかったのか… 親指ほどのカライモばかりだ。
MBCラジオで大ぼらを吹いたことになり穴があれば入りたいような気分だ。
a0158075_18473083.jpg
a0158075_18474482.jpg
a0158075_18475280.jpg
a0158075_1848365.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-10-19 18:48 | 農業

地干し

稲刈りの最盛期に入ったようだ。黄金色の稲田があっという間に刈り取られていく。コンバインで刈り取りと同時に脱穀までやってしまう。昔のように掛けぼしに2~3週間架けて乾燥させてから脱穀という悠長なことをやらなくなってきている。

しかしながら、お米作りというのは穂刈から茎刈りになった昔から、方法は違っても自然乾燥でゆっくりと乾燥させた方がおいしいということになっている。それを刈取りから脱穀、乾燥、袋詰めまで一気にやってしまうから味が落ちるのである。都会にいる頃、田舎から送ってきた米が美味しく感じたのは今にして思えばこんな違いもあったからだろう。

竹の稲架を組んで掛け干しにするのがこちらでは主流だが、珍しい地干しの平置きを見かけたので写真におさめた。こころところ天気もいいし水田の水もはけて平置きでも乾燥できるし、足らない分は乾燥機にかければいいと思ってのことだろう。
a0158075_21335243.jpg
a0158075_21362836.jpg
a0158075_21375296.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-10-08 21:33 | 農業

ヘチマたわし

ヘチマのタワシを作ってみた。山鍬で叩き潰して表面の皮をとり水洗いすればできあがり。あと乾燥させれば、中の種も出てきて立派なタワシになるはず。でも今どきヘチマのタワシで体を洗っている人いるのかなあ~(笑)キッチンタワシもあまり使いそうにないし…。油もきれいにとれるので毛糸のタワシを重宝している。結局、ヘチマのタワシは飾り物かなあ…。
a0158075_19372169.jpg
a0158075_19373059.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-08-23 19:37 | 農業

鈴生り

しばらくよもやま畑に行かなかったら、鈴生りにぶら下がっている。腐ってしまっているのもある。ヘチマの大きいのは65cmほどになっている。食べ物にはなりそうにないので、タワシを作ってみようかと思う。
a0158075_14234265.jpg
a0158075_14234826.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-08-22 14:23 | 農業

巨大ヘチマ

a0158075_1751117.jpg
近くの農家の畑に巨大なヘチマがぶら下がっている。植物の生長と重力とがコラボするとこんなにも大きくなるのかと驚く。測ってみたら一番長いので1m70cmある。まだまだ伸びそうだ。

逆に考えれば人間は重力で縮んでいるのかもしれない。普段意識しないだけにこんなヘチマを見ると重力を考えさせられる。

重力と糸瓜ルンルン仲が良い 夢修
a0158075_17484921.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-08-15 17:49 | 農業

にがごりの茎

にがごりの茎がだんだんと大きくなってきているが直径30cmが危うくなってきた。本業が忙しくて追肥ができないのが最大の理由だが残念だ。
a0158075_22184445.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-08-07 22:18 | 農業

ゴーヤ&ヘチマ

梅雨明けが近そうだ。連日の雨でしばらくゴーヤ畑に行けなかったが、きょう行くとびっくりするほどなっている。ヘチマとゴーヤ合わせて30本ほど収穫した。ゴーヤの茎も順調に直径30cmを目指して生長している。農薬を一切使っていないので草ぼうぼうだが、この方がいいゴーヤができると信じている。
a0158075_2157825.jpg
a0158075_21573376.jpg
a0158075_21574454.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-07-22 21:57 | 農業

追肥

連日の雨から今日は晴れ間が見えたので、にがごり畑の追肥をおこなった。牛糞の7~8年物でほとんど醗酵し終ってサラサラした土みたいな堆肥だ。紙袋につめて25袋ほど根元に入れた。さらに棚の下のほうの枝を摘心したのですっきりした。これで天井にいっぱい実をつけてくれるといい。摘心した枝から初物のにがごりが二本とれた。
a0158075_1872395.jpg
a0158075_1875170.jpg
a0158075_1874812.jpg

[PR]
by attainmentofall8 | 2012-07-04 18:08 | 農業