日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 01月 28日 ( 2 )

marketing

今回は科学英語からちょっと離れますが、マーケティングについてのおもしろい寓話を紹介します。

An American shoe company sent its financial officer to an African country to see if the company could sell its shoes there. After a week, the officer wired back: “ The people here don’t wear shoes. There is no market.”
The shoe company president decided to send its best salesman to the company to double-check on this. After a week, the salesman wired back: “The people here don’t wear shoes. There is a tremendous market!”
The shoe company president, wanting to be sure, sent its marketing vice-president to resolve this. After two weeks, the marketing vice-president wired back: “The people here don’t wear shoes. However, they have bad feet and could benefit from wearing shoes. We could have to redesign our shoes, however, because they have smaller feet. We would have to invest in educating the people about the benefits of wearing shoes. We would need to gain the tribal chief’s cooperation before we could begin. The people don’t have any money, but they grow the sweetest pineapples I’ve ever tasted. I’ve estimated the potential sales over a three-year period and all of our costs, including selling the pineapples to a European supermarket chain that can pay us in dollars, and concluded that we could make a 20 percent return on our money. I say that we should go ahead.” ( Marketing Management by Philip Kotler)

これはマーケティングの教科書に出ている有名な寓話である。

アメリカのある製靴会社がアフリカのある国の市場調査に財務担当者を送ったら、彼は「ここではみんな裸足なので市場性はまったくありません」と報告した。
次に、社長はトップセールスマンを再度確認で送ると、彼は「ここは全員裸足でとても大きな市場があります」と報告した。
社長は念のため、今度はマーケティング担当の副社長を送った。二週間後彼は次のように報告してきた。「当地では靴を履く習慣がありません。しかしながら彼らは足を悪くしていて、靴を履けばありがたさをわかってくれるでしょう。ただし、彼らの足は小さいので彼らに合わせて現在の靴を作り直さなければなりません。始める前に部族長の協力も必要です。彼らは貨幣を持っていませんがとても甘いパイナップルを作っています。向こう三年間の売り上げ予想と必要経費を試算してみました。その試算は、パイナップルをヨーロッパのスーパーのチェーン店にドル決済で販売した場合を想定しています。結論は20%の投資利益が得られます。進出すべきです。」

マーケティングの教科書なので、マーケティングがいかにプラクティカルな学問かを端的に表しているが、日常生活の上でも示唆を与えてくれる寓話だと思う。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-01-28 22:34 | 英語

気候変動の意外な一因

信じられないかもしれないが、家畜のげっぷから出るメタンガスが気候変動の一因になっているそうだ。

Four-wheel-drive vehicles have become the fashionable target for the environmentalists, but they may be less damaging to the environment than cows and sheep.
環境保護論者にとって、四輪駆動車は格好の標的になっているが実は牛や羊ほど環境にダメージを与えてはいない。

The methane emissions from livestock are causing so much concern in the Government that it has asked researchers to find ways to cut down on the emissions, which account for about a quarter of the methane―a greenhouse gas 20 times more powerful at driving global warming than carbon dioxide―pumped into the atmosphere in Britain.
家畜からでるメタンガスが(イギリス)政府内でたいへんな懸念になっていて、政府はすでに専門家に排出量を減らす方策を見つけるよう依頼している。家畜からのメタンガスはイギリス国内の大気中に放出されるメタンガスの約四分の一にあたり、二酸化炭素より地球温暖化を20倍も加速する温室効果ガスである。

Each day every one of Britain’s 10 million cows pumps out an estimated 100-200 liters of methane.
毎日イギリスの1千万頭の牛の一頭当たり約100~200ℓのメタンガスを排出している。

This is the equivalent of up to 4,000 grams of carbon dioxide and compares with the 3,419g of carbon dioxide pumped out by a Land Rover Freelander on an average day’s drive of 52 kilometers.
これは二酸化炭素の4000gに相当し、一日の走行距離52kmの四駆ランドローバー・フリーランダーから出る3419gの二酸化炭素を上まわる。

With the United Nations Food and Agriculture Organization predicting that methane emissions from livestock could increase by 60 percent by 2030, the issue is being treated with some urgency.
国連食糧農業機関が、家畜から出るメタンガスは2030年までに6割り増しになるだろうという予測をしている中で、この問題は緊急課題として扱われている。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-01-28 00:38 | 科学英語