日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー

手作りこんにゃく

コンニャク作りを体験してきた。
コンニャク芋の皮をむき、芽をとり適当な大きさにカットする。釜で30分ほど茹でて柔らかくしたらミキサーですり潰す。重曹を加えて練り混ぜる。適当な形に整えて再度、釜で茹でる。40分ほど茹でるとできあがりだ。小さく切って酢味噌を加えて食べる。

凝固剤の重曹以外は何も添加物を入れていないまさに手作りのコンニャク。スーパーで売っているコンニャクにはない歯ごたえのある、コンニャク芋がそのままコンニャクになったような絶品である。酢味噌は、手作りの味噌に黒酢と黒砂糖を混ぜてつくったこれまたそのままでも戴ける優れものである。

a0158075_22301283.jpg
a0158075_22302785.jpg
a0158075_22304660.jpg
a0158075_2231420.jpg
a0158075_22311815.jpg
a0158075_2232314.jpg
ところてんやコンニャクはそのものの味はなかなか表現しづらい。しかしきょうのコンニャクは、のどごしだけでなく舌触りも確かで、味のない味がするような気がする。

余談だが、薩摩のことわざに「酢味噌はゆるっ、ものごちゃかとせ」=「酢味噌は柔らかく、物事は固く堅実にしなさい」というのがある。固く律儀に行こうとすれば、よもやま談義にいつも参加してくださる方には、おすそ分けしたいくらいうまいコンニャクだ。できないのが残念です~。
[PR]
by attainmentofall8 | 2011-10-12 22:32 |