日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

吉野家の牛鍋丼

吉野家が本日7日から発売し始めた「牛鍋丼」を食べてみた。280円だった。ちなみに大盛りは380円である。

他社との牛丼の値引き合戦に耐えられなくて牛鍋丼を投入した感がある。松屋では牛丼並が320円のところを250円で期間限定の値引きをしている。吉野家は350円、牛丼の値引きでは対抗できないと見たのだろう。

期待していた牛鍋丼であったが、並の牛丼の肉を少なくしてかわりに白滝と揚げ豆腐一切れをつけただけであった。ネギや春菊くらい入っていてもよさそうな感じがする。そもそも牛すき焼き鍋と牛丼のたれというかつゆは違うと思うが一緒にしているところが拙速感を否めない。これでは松屋の味噌汁つきの並牛丼のほうが250円でまだましだ。

個人的には吉野家の味が好きだったが最近粗雑な味になったような印象を持つ。1980年に、味を落として倒産した二の舞にならなければいいがと思う。株主の意向なのか、吉野家ホールディングスのような規模の企業なら200円にしたってやっていける仕入れと合理化ができそうなものだが、価格硬直度がかなりのようだ。

会計時に50円割引券を3枚もらった。ただしサラダ類や卵、おしんこやみそ汁にしか使えない割引券だ。牛丼や牛鍋丼には適用されない。牛丼屋の大御所として老舗としてもっと太っ腹を見せられないものか。これだけの円高になってアメリカからほとんどの牛肉を輸入しているのに還元なしではちょっと残念だ。吉野家牛丼ファンを呼び戻す絶好のチャンスなのに経営陣は何を躊躇しているのだろうか。

「もう食い逃げ!」とかいった150円くらいで期間限定・円高差益還元セールをしたら喜ぶのにね・・・。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-09-07 20:14 |