日々の雑感


by さむちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

誤訳?珍訳、迷訳?

次の五つの英文は珍訳、迷訳の有名なものです。和訳にチャレンジしてみてください。

1.Love makes the world go round. 世界一周新婚旅行×
2.You can’t eat your cake and have it. おまえ、ケーキなんか食ったら持てないぞ。×
3.Pure ease at winning is boring.                                 気軽に純粋な勝利の得られるのはボーリングである。×
4.This matter is of great importance. この事柄はえらく重要なの。×or△
5.It was only after my Ph.D. examination that I put two and two together.            私があれこれ考え合わせて、自分のこれまでのいろいろな考えをきちんと整理したのは学位試験の直後   であった。×



1 愛は世界を動かす。make O do (Oに~させる)
2 ケーキを食べてなおそのケーキを持っていることはできない
→一度に二つ良いことはない notがどこまでかかるかがポイント
3 楽勝は退屈なものだ。 boring はボーリングではない
4 この問題はとても重要だ。 of +抽象名詞=形容詞「の」は不要(笑)
5 学位試験がすんでから、ようやく私ははっきりした結論を出した。
  It was ~ that ……… の強調構文
(以上別宮貞徳著、誤訳辞典より)

誤訳辞典よりほんの数例を挙げてみたがきちんとした文法知識がないと正確な訳は難しい。最近中高ではあまり文法に時間をかけない傾向があるが、文法なしで習得できるのは母国語のみであるということを心に留めておくべきだ。しかもそれは話し言葉だけであって母国語といえども書き言葉には文法力がなければ書けない。最近の文法無用論はたぶんに文法の学習が目的化していることに対する反動だろう。言語の習得にはレンガを一つ一つ積み上げていくような地道さが不可欠だ。
[PR]
by attainmentofall8 | 2010-04-30 22:41 | 英語